ライトワーカーの特徴まとめ*生き方・タイプ・診断法など

ライトワーカーの特徴まとめ

ライトワーカーの特徴をまとめました。写真撮影: Toshiyuki IMAI. オリジナルにテキスト追加

ライトワーカーとは一体どんな人の事なのか?その特徴を様々な角度からご紹介します。

内容としては、ライトワーカーとは一体何者でどんなことをしているのか、どんな人生を送っていて、見た目や性格、人間関係から恋愛、結婚、仕事はどうなっているのか、というところです。

自分はライトワーカーになっているのか?ライトワーカーになるにはどうしたら良いんだろう?、といった疑問の指針にしていただけたら嬉しいです。

日頃からライトワーク努力する私たちも、より良いライトワークができるように先輩ライトワーカーを見習いつつ、特徴をまとめています。

目次

ライトワーカーとは

英語で “light worker” と書き、直訳すると「光の仕事をする人」となります。

別名は《ライトウォーリアー・光の使者・光の働き手・光の柱・光の灯台》など様々ありますが、どれも共通して、「光をもたらす」という意味を持ちます。

ただ、これだけでは漠然として、ハッキリとは分かりませんね。

光をもたらすとは、「人に喜びをもたらす」ことです。その形は、ライトワーカーによって様々な広がりを見せます。ある人は音楽であったり、またある人はビジネスであったりします。

ライトワーカーは、その場にいるだけで、周囲の人を温かいオーラで包み込み、良い雰囲気を生み出しているのも特徴的ですね。

人数

ただ、ライトワーカーの人数はとても少ないです。

割合で言えば、全人口のおよそ2%程度になるでしょう。

100人規模の会社に2人いるくらいです。もし家族にライトワーカーがいたら、日頃の活動を生で見られるので、ちょっとラッキーです。

寿命

類まれな才能を持っていたり、人に献身的に奉仕する人は短命だ、という印象があるかもしれません。

確かに、自分の体をケアすること無く、人のために頑張った結果、寿命を縮める人もいます。

しかし、全部のライトワーカーがそうではなく、全体でも一握りに収まります。

もしこれからライトワーカーを目指す場合、まずは自分の体を大切に、睡眠や食事など、健康な生活習慣を作ることを心がければ、寿命が短くなることはありません。

魂年齢が高い

・達観している
・どこか人と違う

という印象を受けやすくもあります。

魂年齢ってそもそも何かと言うと、どれだけ思考や感情をコントロール出来ているか、ということです。

魂年齢が高くなると、人間のライトワーカーとして活動するスイッチがONになります。

西洋占星術では、星座にある太陽の角度が大きいほど、魂年齢が高い、と言われたりもします。

下の図では、天秤座に太陽が2度くらいに位置しているので、若い魂です。

西洋占星術でのライトワーカーの魂年齢

しかし、生まれてから様々な出来事に揉まれ、濃密なトレーニングを積み、魂年齢を急上昇させるケースもあります。

ライトワーカー診断

詳しい特徴に入る前に、ライトワーカーかどうかを調べる診断方法として、簡単なチェックリストを掲載しました。

当てはまる数が多いほど、ライトワーカーとして活動している可能性が高まりますので、確認してみてください。

  • 前向き
  • 瞑想をしている
  • 優しい
  • 感性が鋭い
  • いるだけで空気を明るくする
  • 寛大
  • 勇気がある
  • 笑顔が素敵
  • 人を惹き付けるオーラがある
  • リラックスしている
  • 人種、性別、信条、年収などで差別しない
  • 環境保護、人権問題などに目を向けている
  • 体に良い食生活をしている
  • 命を大切にし、肉食を避けている
  • 多くの苦難に立ち向かっている
  • 人や問題を無視しない
  • 自己表現をしている
  • エゴや欲望をコントロールしようとしている
何個チェックが入ればライトワーカーで、チェックが入らなければライトワーカーではない、という定義はできませんのでご注意ください。

水が、何度までは暖かく、何度までは冷たいと定義できないのと同じです。

自他共にチェック可能ですが、これを元に自分を卑下したり、人を否定したりすることなく、ひとつの目安として利用してもらえると嬉しいです。

本物かどうかの見分け方

ちょっと厄介なのが、ライトワーカーになりたい気持ちが強すぎて、ライトワーカーだと思い込む”自称ライトワーカー”になってしまう可能性です。

どれだけ自分がライトワーカーだと名乗ったとしても、実際にライトワークをしているかどうかの判断は、世間の評価や、起こした行動の結果によってハッキリ分かるものです。

本物かどうかを見分ける大まかな基準として、以下のような状態になっていないか、チェックが必要です。

  • 社会性が乏しい
  • 選民思想を持っている

社会性が乏しい

社会性が乏しく、自分の世界に閉じこもったままでは、周囲に良い影響を与えることが出来ません。

ライトワーカーは社会とコネクションを持ち、人・動物・植物・環境などのために働いています。

選民思想

自分が特別だという思いは、本来は無い優劣を、人と自分の間に作りがちです。

自己顕示欲は悪くありません。自己表現は誰しもすることです。しかし、人が何を選び、どう思うかまでコントロールしていたら、やり過ぎです。

特別だと思われるか、思われないかは、人に委ねてしまえば、世間の目もあまり気にならなくなって、仕事に集中できます。

「あなたは特別だ」と言われた時は、ありがたく謙虚に受け止め、テングにならないように注意しましょう。

では、それぞれの特徴の詳細に入っていきます。

ライトワーカーの人生・生き方

ライトワーカーの人生は、多くの人にとっての常識を超えていくことが求められます。

「原因と結果の法則」はヘルメスの7大原理の一つですが、ライトワーカーは誰かが生んだ人生のレールに身をまかせることを選びません。

原因を生み出す側へと昇り(アセンションや次元上昇とも言います)、人生の舵を自分でとっていきます。

その結果、生き方にも共通した特徴が生まれます。

過酷な人生

ライトワーカーの人生は輝かしくみえますが、その過程は過酷で辛い人生になる傾向があります。

「どうして自分だけこんなに不幸なの」と思うことも。

原因には”エゴと光の流れ方”、が関わっています。

人に光をもたらすときは、何らかの形で自分が働いて、光を人に流すことになります。

ですが、エゴはフィルターのような働きをして、流せる光の量は減らしてしまいます。言葉が上手く伝わらなかったりなど。

現状維持を選ばず、エゴの解消を選ぶと、自分がどんな辛い状況にいるのか、徐々に分かってしまいます。

自分なりのルールが人と合わず、嫌われていじめに会い、人嫌いになることもあります。

あるいは、優しすぎて便利な人として利用されてしまうかもしれません。

これが続くと人が多く集まる場所が苦手になり、引きこもりになることもあります。

そんなわけで、突き抜けるまでは割と過酷な日々が続きがちです。

もし今の状況が厳しすぎると思った時は、ポジティブな人と対面して関わることをお勧めします。相談したりヒーリングを受けるなど。

孤独

努力が空回りして、人が離れていくこともあります。

人から理解されず、いつの間にか孤独になって寂しい思いをすることもあるでしょう。

意外と、人は人のことを知ろうとせずに、関係を続けています。

自分の心を開いて、相手の言葉に耳を傾けられるようになると、孤独状態は解消していきます。

不安や怖れを越える

不安や恐れの克服は、なかなか厳しい関門ですが、超えることでより大きな光を与えられるようになっていきます。

試練とも呼べる、大きな壁にぶつかることもあるでしょう。

不安や恐れは、お釈迦様が語った様々な苦悩(四苦八苦)に代表されています。

  • 生・老・病・死
  • 愛別離苦(あいべつりく)
  • 怨憎会苦(おんぞうえく)
  • 求不得苦(ぐふとくく)
  • 五陰盛苦(ごおんじょうく)

人間が抱えているカルマ(業)で、ライトワーカーが日常生活で経験する様々な努力や苦労は、これらの不安から解放されるための布石になります。

生病老死は文字通りなので、後ろ4つの”苦”を簡単に紹介します。

愛別離苦(あいべつりく)

愛する人と別れなければならないこと。

怨憎会苦(おんぞうえく)

嫌な人と会わなければならないこと。

求不得苦(ぐふとくく)

求めるものが手に入らないこと。

五陰盛苦(ごおんじょうく)

肉体があるために生まれる苦しみのこと。

以上の”苦”は、頭で考えるだけで超えられるものではなく、瞑想や正しい情報のインプット、そして実体験に基づき超えていきます。

3次元から5次元ベースの意識へ

不安や恐怖の原因は、基本的に3次元のものに由来しますが、ライトワーカーは、物質を重視した三次元的な生き方より、あるがままのワンネスを生きる5次元的な生き方へシフトしていきます。

相手に起きたことを自分ごとのように思い、優しい行動を取るようになります。「対岸の火事」ではいられなくなるわけです。

これは食習慣にも影響します。生命を維持するには、動物にしろ植物にしろ、他の生命をいただくしか、いまのところ方法がありません。

5次元ベースでの意識に変わってくると、人間と同じ哺乳類の生命を摂ることはまず無くなります。

目立つ

ライトワーカーは目立ちます。

太陽のように誰の目にも届く場所にいることで、始めて多くの人に光をもたらせるからです。

ただし、本人が目立つか、制作物が目立つかは、ケース・バイ・ケース。

愛をベースにした生き方

命あるものを慈しみ、人に差別せず接する、愛のある生き方をします。

グラウンディングが出来ていないと、何かを受け取ることが苦手で与えすぎて損をしたり、貨幣経済に馴染めず貧乏をしてしまうかもしれません。

自分なりの愛し方を確立すると、そういった状況から抜け出していきます。

運に左右されない

人の人生を決めるうち、努力せず運良くラッキーで上手くいく確率は、人によってまちまちです。

すごく幸運な人だっています。ただし、それは努力によって生まれた運であることが多いです。

しかし、良いライトワーカーは運の良し悪しによらず、日々努力し、運が良くても悪くても、進むべき道を分かっています。

固定観念を崩す

今の状況で問題ないのであれば、固定観念を崩す必要はないのですが、まだまだ世界には光の届いていない場所があります。

その原因は、善良な人でも、問題について無関心でいるからです。

ではなぜ無関心でいられるかといえば、「これはこういうもの」という固定観念がついてしまっているからですね。

渋谷を歩いている時、足を痛そうにしている人を見ても、素通りする人がほとんどです。「誰かがなんとかしてくれるだろう」という固定観念を、人間全体で共有しているのです。集合意識と言ったりもします。

ライトワーカーは、こういった社会的に蔓延している固定観念を崩すような言動を取ります。

宗教を抵抗なく取り入れる

教祖や創始者などを崇めるのではなく、”この世界を作り維持している何者か”を意識した生き方だと宗教を定義すれば、ライトワーカーは宗教を抵抗なく取り入れています。

何も原因がなければ、この世界は生まれていないわけで、その原因を神と呼んでも根源と呼んでも、特定の宗教での表現で呼ぶかは関係なく、ライトワーカーは宗教を取り入れています。

子ども時代・幼少期

どこか大人びているところがあります。

冷静な観察が、大人を驚かせることもあります。

大人が日常的に考えないようなことを、真剣に考えることもあるでしょう。

例えば死後の世界や、宇宙の構造、何十年後の地球に何があるかなど。

ライトワーカーの容姿

ライトワーカーの見た目には、共通した特徴があります。

美人が多い

美人、というと女性をイメージされるかもしれませんが、”美しい人”が多いです。

光と美は表裏一体で、ライトワーカーは、色んな方法で、その人が美を感じることを表現しているからです。

カッコイイ車、整ったインテリア、心を打つ音楽など、美しいものに人は惹かれますが、人間の本質が美に繋がっているからで、ライトワーカーの美的表現は、周りに自分の本質を思い出させる作用もあります。

老けない

心を純粋にするよう努めているので、子どもっぽさを感じる一面があります。

内面と外面は繋がっていて、心の内が瑞々しく若いと、年齢に関係なく外見も若く見えるのです。

40代の知人ライトワーカーは、街を歩いていて若い男の人からナンパされることもあります。

容姿の好みもあるのですが、どこか魅力的な雰囲気をまとっているのですね。

中には歳を取らないんじゃないか、と思えるほど若く見える人もいて、若返りの秘訣を聞くと、「え、そんなの無いよ」と言われることもあります。現実的なところ、DNAも関係しているみたいです。

しかし、「毎日楽しく生きてるから、若くみえるのかもね」とも。日々を楽しんでいるから、自然と表情が明るくなって、若くみえるのでしょう。

額を出す髪型をしていると、オデコがとてもキレイに見えます。松果体が発達しているからかもしれません。

目の特徴

「目には魂が宿る」と言われますが、ライトワーカーの瞳には曇りがなく、純粋さを感じます。

惹き込まれるような目、吸い込まれるような目、安心感を感じる目。色んな目がありますが、どれも純粋です。

目元から厳格な印象を受けることもありますが、瞳の奥には優しさを感じられます。

ライトワークで太る

ヒーリングやチャネリングなどのスピリチュアルなライトワークをすると、血糖値が下がって甘いものを撮りたくなる方もいます。

お菓子などを食べてグラウンディングをするのをしばしば見るのですが、このループに入ると太ってしまうので、注意が必要です!

太っていること自体は悪くなく、恵比寿様のように体の大きなライトワーカーもいます。

しかし、健康を害するまでになると、ライトワークに支障が出てしまいます。

外面的な話はここまでにして、つぎは内面的な特徴へ移ります。

ライトワーカーの性格・気質

ライトワーカーだと性格は「〇〇」になる、と聞くことがあります。

時折、動物・植物・鉱物・地球環境のために働いていると、ライトワーカーは心優しいけど人間嫌い、という印象になることもあります。

しかし実のところ、「人の目が気になる」・「考えがち」・「目移りしやすい」・「カネ優先」といったことを含め、性格は後天的に出来上がるものです。

そのため、ライトワーカーは「〇〇」な性格になる、ということはないのですが、共通した「性質」や「気質」は出てきます。

直感が冴えている

自分の感覚を信じられているため、直感したことを流さず活用している事が多いです。

理論的に言葉にできなくても、おかしいことに違和感を感じて、情報が正しいか判断する時に役立てたりします。

直感が冴えているには理由があって、精神的な五感(オーラや四大元素を感じる感覚)が発達しているからです。

“虫の知らせ”のようなものを受け取るセンサーが立っているような感じです。

純粋

子どもっぽいとも言えるのですが、自分の気持に純粋です。

嬉しい時は子どものような笑顔をするので、天真爛漫に見られることもあれば、悲しい時は涙をながすので、涙もろい人に見られることも。

自分に嘘をついて行動するよりも、自分の気持に素直になって、純粋な思いで行動したほうが、人に光をもたらせるので、純粋なのは良いことです。

たまに、「こんなに自分を犠牲にして頑張っているのに報われない!」という相談を受けるのですが、まずは自分を大切にしてあげるのも、立派なライトワークです。

しかし、それは時として自己中心的に映り、人が離れていくこともありますが、自分を理解してくれる新たな人との出会いも巡ってきます。

より良いライトワークをするために、純粋さを貫く決断が必要になることもあります。

優しい

基本的には人に優しく接します。

自分がされて嬉しいことは、進んで人にします。頭ごなしに怒ったり、けなしたりは絶対にしません。

また、ズルズルと関係を引き伸ばす優しさは、逆に人を傷つけてしまうので、そういった時はスッパリと縁を切ります。

一見すると厳しいかもしれませんが、全体を見渡すと優しさがにじみ出ています。

繊細

ライトワーカーには、日常を繊細に捉える感覚が発達しています。

どこに繊細さを求めるかは人によりますが、衣服やインテリアにこだわったり、言葉の言い回し、目線の置き方、メールの打ち方などに気を使っています。

まだ自分の軸が整っていないうちは、繊細すぎて人の意見に左右されがちにもなりますが、やがてそういった繊細さのデメリットは解消されていきます。

ライトワーカーの人間関係

ライトワーカーは、常に光をもたらす方法を模索しているため、人間関係は常に変化し、一つの輪の中に収まることがないのが特徴的です。

別れもあれば、新たな出会いもあります。

ライトワーカー同士を引き寄せる

ライトワーカーはライトワーカーを引き寄せ、ポジティブなコミュニティを作ります。類は友を呼びます。

音から波動が出るように、人の言動からも波動が出ていて、その波動は他の人と共鳴し始めます。

波動と波動がうまくミックスされると、新たに心地よい波動が生まれます。新しいテクノロジーの発明や、新ジャンルの音楽など。

これが元になって、また新たな人との縁が生まれていきます。

友達付き合い

ライトワークを始めると、友達との付き合いが大きく変化していく傾向にあります。

寂しさを紛らわすようなものではなく、自分の人生の目的を前進させるような友達付き合いに変わっていきます。

友だちというより、「仲間」といった言葉のほうが適切です。

家族との関係

友達だけでなく、家族と離れるケースもあります。

子どもの人生に干渉する家族がいる場合、ライトワーカーは家族から離れていきます。

父母の許可がないと行動できない、という固定概念を抱えている場合、そうした制限から自分を自由に解放していきます。

苦手な人との関わり

誰しも性格があるので、波長の合う人/合わない人がいます。

陰陽でいえば”陰”に属する控え目な性格の人は、明るい”陽”の人が苦手であったりします。

その逆もまたそうですが、これは一種のエゴで、苦手な人に対してある種の偏見を持っている状態です。

その状態で、苦手な人と関わっても、相手とぶつかってしまうので、まず苦手な人との関わりから身を引くことが多いです。

その間に、苦手な人とも平等に接する事ができる軸を育てていきます。

ある程度、自分の軸が出来上がったら、苦手だった人とも関わり、再びコミュニケーションを図っていきます。

ライトワーカーの恋愛

ライトワーカーはモテるのが特徴的です。※過去、恋愛で大きく傷ついている場合、その癒やしに時間がかかっていることもあるのですが。

恋愛よりも仕事を選択している人もいますが、言い寄ってくる人が現れます。

セクシャルマイノリティでも関係なく、モテます。

ただ、誰からもモテる訳ではなく、自分と波長の合う人からモテるのです。

恋人に困ることはなく、たとえ今いないとしても、必ず出会いがあります。

恋人の特徴

「男は火星、女は金星。」と言われることもありますが、ライトワーカーが選ぶ恋人の特徴は、「自分と全然違う人」です。

自分と同じような人はまず選びません。なので、パートナーのことは理解できないことが多くなります。

「なぜそう考えるのか」、「どうしてそう思うのか」。相手に確認するまで、分からないことが山積みです。

未知の世界を持つ人と繋がり合うことで、新たな発見が生まれ、お互いに成長していきます。

性生活では心も愛する

人は、肉体の欲求だけに従ってセックスすることもあります。

しかし、ライトワーカーは、体の繋がりだけではなく、相手の心も含めて愛し合います。

ただの行為にとどまらず、相手のすべてを受け入れ、すべてを愛します。

ライトワーカーの結婚

ライトワーカーは多くの場合、結婚相手にもライトワーカーを選びます。

結婚相手の特徴

恋人の特徴と同じで、自分とは真逆にいるような全然違う人です。

結婚をすると社会的な責任が生まれるため、より離れられない関係性になっていきます。

ケンカしたり意見が食い違っても、距離を置くのではなく、自分と相手を更に深く知ることになり、かけがえのないパートナーになります。

仮面夫婦はあまりいません。

結婚できない独身の場合

ライトワークをしている方の中には、いい人がいなくて結婚できないと言う方もいます。

条件をつけて相手を決めたり、損得を考えていると、人と結婚するのではなく、ステータスと結婚することになりますが、そうやって扱われることを好む人は少ないので、なかなか結婚に至りません。

なるべく執着せず、素直になって、自分と合う人に近づいていく柔軟さが必要になります。

離婚する傾向

普通の状態から、ライトワーカーとして目覚めると、離婚する確率が高まります。

というのも、結婚を続けているのは、ステータスや経済的な理由であることは結構あり、エゴから自由になるライトワーカーにとっては、結婚生活を続ける理由がなくなってしまうからです。

パートナーからは心配されるかもしれませんが、決意は固く、離婚へ向かって突き進むことも。

また反対に、強く引き止められて苦悩することもありますが、その場合は結婚生活で得ていたものを手放すことに対する恐怖心が勝っているはずです。

離婚を強行する必要はなく、自分が抱えている怖れを対処する方を優先したほうが無難です。

ライトワーカーの子育て

学校に教育を任せる方針を取らないケースがあります。

子どもの個性を伸ばそうとすると、一人の先生が何十人もの生徒に同じ内容を教える形式は適していません。

そうは言っても、夫婦共働きの場合は家庭で教育をするのも大変なので、学校に渋々送り出し、家庭でできる範囲の教育をしていることもあるようです。

しかし、徐々に学校いかずに勉強ができ、しかも学校より分かりやすく教えてくれるスマホアプリなども整ってきて、徐々に教育の形式も変わっていくように思います。

一人一人の個性が発揮される時代は近づいています。

ライトワーカーの仕事

ライトワーカーは、それぞれが様々な職業を通じて、人に光を与えます。

ライトワークを、占い・ヒーリング・チャネリングといった、スピリチュアルなものに限定して集客に困り、無職やニートになって自己価値を下げてしまうことがありますので、誤解のないように注意が必要です。

どのような職業についていても、ライトワークは可能です。

ライトワーカーの職業

一人ひとりの個性や性格によって、向いている職業がありますが、実際にどんな仕事があるのかをご紹介します。

  • 歌手(ミュージシャン)
  • 画家
  • 音楽制作
  • コメディアン
  • ヒーラー
  • ダンサー(踊り子)
  • 俳優・劇団員
  • 小説家・絵本作家
  • 投資家
  • コンサルタント
  • マーケッター
  • 政治家
  • 営業
  • 葬儀屋
  • ウェディングプランナー
  • プログラマ
  • 人道支援家
  • …etc

などなど、様々です。

前半は芸術家の職業を紹介しましたが、後半は理論的で現実的な職業です。

勘違いされやすいのでもう一度言いますが、どのような職業でも、ライトワークは可能です。

本を書くことで世の中に言葉を届けるメッセンジャーになることもあれば、SNSやブログなどウェブ上でメッセージを届けることもあります。

例えば、ダライラマ法王は、公演も世界中でされていますし、書籍も出版し、SNSでの発信もされています。

発達した能力・才能

ライトワーカーに特徴的なのは、独特な才能・能力を持っていることです。

顕著なのは、霊感(サイキック)が鋭いことでしょう。

視えたり、香ったりし、未来を見通せて先見の明がある人もいます。

能力は、人から気づかれないうちに仕事に活かされています。

テラパシーを用いたコミュニケーションをし、以心伝心になって仕事に取り組んでいる方も。

癒やしの力が発達して、その場にいるだけで、人を癒やしてしまう人もいます。

また、嘘を見抜き、物事の本質に迫る力が高いのも特徴的です。

テレビやマスメディアから流れる情報に対し、その能力を発揮し、鋭い洞察力を見せることもしばしばあります。

共通する仕事内容

ライトワーカーに共通する仕事内容は、「人に光・希望・喜びをもたらすこと」。

そのやり方は十人十色。同じ職業であっても、個性に寄って表現方法が変わってきます。

スピリチュアルなライトワークの仕事内容は、この後の「ライトワークの種類」でご紹介しています。

ライトワーカーの適職探し

ライトワーカーに適した職業の探し方は、自分が好きなことをしてみること。

仕事ではたくさんの失敗がつきものなので、100回失敗したとしても、変わらずやり続けたいと思える仕事があるのなら、それは適職です。

初めはうまく行かなくても大丈夫。「好きこそものの上手なれ」です。

ライトワーカーのお金事情

ライトワーカーのお財布事情は、自分を確立させるまでは低所得なこともあります。

お金を稼ぐと、人からお金を奪っているのではないか、と感じていることもあります。

ライトワークにスピリチュアルな職業を選択した場合、人からその価値を認めてもらえるまでに時間がかかります。

「なんで目に見えないものにお金を払わないといけないの?」と周りから言われることもあり、より人からお金をもらうことに抵抗感を強めてしまうかもしれません。

もちろん、無理にスピリチュアルな物やサービスを販売する必要はありません。人それぞれ、お金の稼ぎ方があります。

ただ多くの場合、それを仕事にしたいと思うから仕事に選んでいるのであり、自分の成長を待つことになります。

集客を学んだり、実践して上手くいかないこともありますが、粘り強く続けることで、生活できるくらい稼げる仕事になり得ます。

金運に左右されない

ライトワーカーは、金運に左右されずにライトワークができる状況を整えていきます。

時間差で起きるので分かりづらいのですが、良いことをすれば金運は上がり、良いことをしていなければ金運は下降します。

金運が上がっている時は、人に何をすれば喜んでもらえるかをさらに追求し、金運が下がった時には、過去の自分の行動を反省し、言動を調整します。

そして、徐々に金運の上下に左右されること無く、自然の流れに身を委ねてライトワークに励むようになっていきます。

ライトワーカーの食事

食事は医食同源となり、究極的には体を維持する最低限のニーズを満たす食生活をするのが特徴的です。

食べる楽しみもあるのですが、それよりも内蔵に負担をかけないクリーンな食事を優先します。

肉食やお菓子は控え、日本酒やワインなどのアルコール、コーヒーなどの嗜好品もあまり摂りません。

消化吸収をしやすい、質の良い野菜を中心に摂るベジタリアンが基本です。

添加物などを含んだタバコも、基本的に摂りません。儀式の際に目的を持って吸う場合はあります。

ライトワーカーに起きる病気

病気はライトワーカーが目覚める特徴ではなく、単に体調不良であることがほとんどです。

しかし、精神病・うつ病・めまい・頭痛・腰痛・睡眠障害・統合失調症・不眠症・adhd・発達障害・エンパスなどの症状は、ライトワーカーとしてさらに良く活動するための道しるべになってくれます。

病気は、生活習慣や食事を変えること、否定的な考え方よりも肯定的な考え方をするように変えることを促すサインとも受け取れます。

現代医学では治らない病にかかった知人もいますが、治療法がどこかで見つかるケースもありましたので、もし病にかかったら、様々な治療方法を探してみることをおすすめします。

スピリチュアル面の特徴

スピリチュアルな用語を交えて、ライトワーカーの特徴を並べてみます。

  • グラウンディングが出来ている
  • オーラが綺麗に輝いている
  • 魂がクリア
  • チャクラが活性化されている
  • エーテル体などのライトボディがクリア
  • クンダリーニが活性化している
  • エーテル体から羽が生えている

以上は、ライトワーカーの基本的な性質です。

輪廻転成や過去生と未来生についても特徴があります。

輪廻転生から解放されている

スピリチュアルを知ると、やはり前世や来世のことが気になる方が多いです。

しかし、ライトワーカーはそういった輪廻転生に関わることにエネルギーを注ぐのではなく、今この瞬間にエネルギーを注ぎます。

前世で「〇〇」があったからこれが苦手、といったように前世を出来ない理由にしてしまうのではなく、今それを直すように努め、今出来るベストを尽くします。

過去生・前世の特徴

巫女だった、僧侶だった、などと占い師などから言われることがあるかもしれません。

しかし、基本的に人はすべての状況を経験しています。貧乏人から大富豪まで。奴隷、病人、貴族、平凡な人など、その幅は多岐にわたります。

また、地球より前に遡れば、ライトワーカーだけでなく、すべての人が、高次元の惑星から地球に訪れています。

シリウス、プレアデス、ベガ、など経由方法は様々あり、自分の故郷とも言えるので、星を見ると懐かしい感覚を覚えることはごく自然なことです。

心が折れそうな時は、早く星に返りたいな、と思うこともあるでしょう。

ライトワークの種類

あまり現実生活で関わらないファンタジックな内容ですが、スピリチュアルなライトワークの種類について、代表的なものをご紹介します。

トランスミューター

光でないものを元に返し、光に変換させます。いわば、闇と戦う専門家です。

縁の下の力持ちのような働き方をしており、非常にハードワークです。

グリッドワーカー

地球に対し、神聖幾何学などを用いてグリッドを行います。

目に見えないエネルギーの次元を整え、人の思考・行動・言葉がより良くなるよう働きます。

専門的に行うことはあまりなく、基本的には他の仕事との兼務です。

神官

神に仕え、奉仕をする限られた人です。

祭りを執り行ったり、神事を行います。

ガイド

人間を進化・成長へ導き、情報が錯綜する現代において、正しい情報を提供します。

ライトワークへのコミットメントが必要で、常にポジティブでいることを求められます。

アトランティスから伝わる叡智を伝える役目も持ちます。

チャネラー・メッセンジャー

自動書記や言葉を通して、アセンデットマスターや天使などのエネルギーを、多くの場合メッセージとして届けます。

自然・宇宙の流れに沿って成長していくため、今の人間に必要なことを伝えます。

ディヴィネーター

チャネリング以外にも、タロット、西洋占星術、スクライング、易、奇門遁甲、四柱推命などを用いて、未来を予知し、人の開運を助けます。

人生の羅針盤・指針を提供し、いま舵を取るべき方向性を指し示します。

ヒーラー

人を癒やし、励まします。落ち込んでいる人がいたら、進んで手を貸し、明るく日々を歩めるように力を貸します。

人間以外にも、自然環境や動物を保護するヒーラーもいます。

開運しない方向に進む人の思考を癒やし、整えます。

ライトワーカーの種類・種族

ライトワーク(仕事)の種類ではなく、ライトワーカー(仕事をする人)の代表的な種類・種族を簡単にご紹介します。

スターシード・スターピープル・ワンダラー

地球外から地球に来てすぐ生まれた魂です。地球をアセンションさせるべく活動します。

インディゴチルドレン・ブルーレイ

愛でもって人に光をもたらします。

人を愛することが出来るよう、傷ついても立ち直れる強さを兼ね備えます。

クリスタルチルドレン

価値観を壊すのではなく、加速させる新たな発想を持っています。

インディゴチルドレンが改革を起こした後に、可能となる生き方やテクノロジーなど。

ET

宇宙的な起源を強く持つ魂の人です。ETソウルとも。

インディゴチルドレンには多いですが、斬新な発想、古い価値観を壊すような発想を持っています。

オールドソウル

インディゴチルドレンより前に地球に来て、今の文明の下地を築いてきた古い魂たちです。

新しい魂であるインディゴチルドレンやクリスタルチルドレンが活躍できるように、奮闘してきました。

天使族・アースエンジェル

まさに天使のように、人を癒やしたり導く種類のライトワーカーです。

情緒的な豊かさよりも、純粋で一途な印象を受けます。

賢者

賢く人に色々なことを教えてくれます。

特定の事柄について網羅的に把握していて、その道の神として見られるでしょう。

仙人

人の日常とは違った生き方を選択しつつ、この世で生きています。

常識では大切にされているものを犠牲に、新しいライフスタイルを築き上げており、学ぶことが多いのですが、常人にはなかなか真似することが難しいはず。

半世紀先を行く言動をする傾向にあります。

龍使い・ドラゴンスレイヤー

龍を使って情報を入手したり、龍の叡智を借りて人の役に立っていたりします。

妖精(フェアリー)・エルフ・ユニコーン族

妖精タイプは、後ろ向きさを知らないほどの、前向きなエネルギーで、人を明るくします。

エルフ族は強く美しく、ユニコーン族であれば賢いです。

レプティリアン

冷静に物事を把握し、その場の感情に左右されずに行動します。

時として、人から冷たい人だと思われることもありますが、理解してもらえた人からは、信頼を集めます。

影響力を持つ人からの信頼を集めがちです。

以上がライトワーカーの特徴についての内容です。

ライトワークの指針になりましたら幸いです。

*無料メールセミナーの登録*
『本当の自分を取り戻す
現実的スピリチュアルで人生改革』

今の人生を変えるために使うスピリチュアル情報をお届けする、無料メールセミナーです。

 ・今の自分、今の人生ってどう変えるの?
 ・スピリチュアルってどう活かすの?
 ・ソウルメイトと出会う方法
 ・心から満足できる日々を送るには

などの情報を、以下のフォームからお受け取りいただけます。

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



お名前
メールアドレス




他のスピリチュアルの記事

スピリチュアルの記事一覧を見る »

全てのカテゴリを見る »

[定期開催]瞑想会のご案内

瞑想

@東京都世田谷区用賀

毎週金曜 19:00-21:00

  • > ストレスや疲労感の解放
  • > 思考と心の整理
  • > 新たな気づきを得る

ホッと落ち着く穏やかな ひと時を過ごしませんか?

参加費:2,000円

場所:東京都世田谷区某所(プライベートな場所のため、お申込み頂いた方にお伝えしております。)

お申込みはこちら

人生を創り変えるセミナー

ネットで探せない自分を変える本質的セミナー!
アデプト・プログラム

望まない生き方を手放し、自分らしい人生を創り始めませんか?

知識や情報を学ぶだけではない、本当の自分を知り、自分を変えていく2日間。

アデプト・プログラムの詳細

サロンの紹介

東京都世田谷区にあるプライベートサロンで、ヒーリングやセミナーを夫婦で行っています。



ご質問はこちらから

いただいたご質問は、出来る限り個別でご返信差し上げます。公開は致しませんのでご安心下さい。

また、匿名性を確保して記事に反映させていただきますことご了承くださいませ。