瞑想できない原因と解決策*経験から得た秘訣公開

瞑想ができない原因と解決策

瞑想ができない。その原因と解決策は?写真撮影:Berkshire Community College Bioscience Image Library.オリジナルの明るさを変え、テキスト追加

”瞑想したいけど出来ない、瞑想したけど上手くいかない。”

瞑想初心者だった頃の悩みのタネですが、5年ほど瞑想に取り組んだ経験を振り返ってみると、出来るようになるためには、上手くいく秘訣があったように思います。

瞑想できない理由を、「実行できない・うまくできない」の2種類に分けて、それぞれの解決方法と、出来る状態に変わっていくポイントをご紹介します。

瞑想を実行できない時の原因と解決法

まずは、瞑想に取り組むことができない原因と解決策について。

すでに瞑想を日頃からしている場合は、ここは読み飛ばして、次の「うまく瞑想できない時の原因と対処法」まで進んでください。

時間がない

まとまった時間を取るのが難しく、瞑想できない。

そんな時は、1分でも良いので、ベッドや布団に入ってから目を瞑(つむ)って見ましょう。

姿勢はなんでも良いです。壁に背をもたれかけてもよいですし、寝転がっていたって構いません。

いきなり慣れない作業をしようとすると、瞑想のハードルが上がってしまいます。なるべく最初はハードルを下げ、”瞑想って簡単かも”と思えるくらいの工夫をして取り組むと良いです。

また、時間がないと言えども入浴はすると思いますので、その時に瞑想するのもおすすめです。
眠ってしまうと危険なので注意が必要なのですが、自宅のお風呂であれば、バラのドライフラワーを浮かべてキャンドルを灯して、リラックスしつつ少し目を閉じるというのも、雰囲気があって良いですね。

瞑想できない日はどうするか

瞑想は毎日したほうが良い、というのは本当のことですが、できない日だってあります、

うっかり忘れていたり、忙しすぎて疲れて寝てしまったり。

せっかく続け始めたのに、瞑想できない日が生まれると、「続けられなかった…」と落ち込んでしまうこともあります。

しかし、出来ない日は出来ないで良いのです。

出来る日を見計らって瞑想しましょう!

家族が気になってできない

家族と一緒に住んでいる場合、事前に何も言わずに瞑想を始めると、家族が見た時に心配されたり、変な目で見られることもあります。

また、家の間取りの関係で、瞑想に必要な、落ち着ける静かな空間の確保が難しいことも。

できれば事前に家族には瞑想をすることを伝えておきましょう。

「〇〇という理由でやってみてくて、××さんもやってるから試してみる。」などと伝えれば、少しは安心してくれますし、そっとしておいてくれるかもしれません。

もし家族に伝えることや、理解を得るのが難しいのであれば、就寝前に寝転がって行う瞑想から始めて見ましょう。

それ以外の時でも、本を読みながら椅子にもたれて、休憩するかのように、数分間目を瞑ってみるのも一つの手です。

面倒臭くなる

よくわかります。ほとんどの人に、瞑想が面倒臭いと感じる時はやってきます。

やっていて効果を実感できなければ、時間の無駄に感じます。

周りの人もあまりやっていないので、自分だけ瞑想をする必要性が分からなくなることもあります。

座ったまま動かない、なんて動きは普段の生活ではしないので、無意味に思えることもあります。

こういった場合は一旦、瞑想を辞めてみるのも良いでしょう。

瞑想がストレスになっていては、本末転倒です。

何かを継続するためには、強い理由やきっかけが必要です。

そのタイミングを待つのも、立派な戦略です。

瞑想をしないことで浮いた時間に、ニュースを見たり、気になっていた映画を見たりするのも良いですね。

完璧主義

完璧に瞑想をこなそうとすると、途端に腰が重くなります。

完璧主義の場合は、こんな言葉を覚えておくと良いかもしれません。

今行なった瞑想は、今できる瞑想の中で最高の瞑想だ

その日の気分、体調によって、瞑想の深さや質は変わりますが、過去や未来の瞑想の質と比べても仕方ありません。

今できるものが最高の瞑想なのです。

正しいやり方が分からない

なかなか多い理由がこれです。

いろんな瞑想方法がありますし、独学で行っていると、瞑想が正しく出来ているのか分からないケース。

唯一無二の正しい瞑想方法は無い

結論から言えば、唯一無二の正しいやり方はありません。

チベットの仏教徒は、Googleでマインドフルネルをしてる人より瞑想方法が正しいとか、中国で仙術の修行のために瞑想をしてる人のやり方は、ヴィパッサナー瞑想や座禅より正しくない、ということは無いのです。

なので、あまり方法にこだわらないようにしましょう。

独学での瞑想は続けるのが吉

また、独学の場合は、もちろん出来ているか分からないことが多いです。

しかし、サロンで行う瞑想会にいらっしゃる方で、独学の方は、未経験の方に比べて上手に瞑想ができています。

ですので、独学でも正しいかどうかを気にせず、実践してみることをおすすめします。

瞑想を学問的にとらえるよりも、リラックスの時間だと思ってまずやってみる方が、瞑想に取り組みやすくなります。

うまく瞑想できない時の原因と対処法

ここからは、すでに瞑想をしているけれど、なかなか上手くいかない人向けです。

瞑想状態に入るには、ちょっとしたコツがありますので、ひとたび瞑想の実践を始めたら、それをつかんでいくことになります。

力んでいる

瞑想中、力が入っていると、なかなかうまくいきません。

事前にストレッチをするなどして、体をほぐしてから瞑想を行いましょう。

超能力的なパワーの開花を求めすぎ

自分の能力開花のために瞑想を取り入れる方もいますが、求めすぎるあまり、瞑想に深く入るのが難しくなっていることがあります。

スピリチュアル的な力を求めると、頭に力が入りますので、意識をヘソの下あたり(丹田)に持っていき、瞑想をしましょう。(これを”グラウンディング”とも言います。)

考えるより感じる、という感覚です。考えると頭に意識が上りますので。

呼吸

呼吸のリズムが一定では無いことが多いです。

「吐く・止める・吸う」それぞれの秒数を一定にした呼吸法を、瞑想開始後に少し落ち着いてから、3セットほど行いましょう。

姿勢

姿勢が良いと、瞑想の質も上がっていきます。

日頃から体をストレッチするなどして、良い姿勢を心がけましょう。

瞑想の時に気をつけることだけが、瞑想に影響するわけではなく、日常的な意識も関わっています。

瞑想での姿勢については『瞑想の4つの姿勢と座り方【体の各部ポイント・体調別の工夫】』でまとめています。

イメージが浮かばない

イメージングをする瞑想で、何も見えない、何も思い浮かばないケースがあります。

あるいは、瞑想中に雑念が湧かないどころか、何もイメージに上ってこない状況。

実際に起こっていることを映画館で例えると、本を両手にとって目の前の高さで読んでいるので、映画のスクリーンが見えていないような状況です。

まずは、特定の何かを目を瞑ってイメージし続けるトレーニングをして見ましょう。

雑念が消えない

雑念は簡単には消えてくれません。

定期的な頭の中のお掃除が必要なのです。

詳しくは『瞑想で雑念を消す方法と活かす方法』でまとめています。

深い瞑想には入れない

瞑想状態に入った感覚を、まだ得られていないのだと思います。

しかし、瞑想を始めているのなら、その時が訪れるのは遠くありません。

自室など、出来るだけ安心して瞑想できる環境で、毎日20分ほど瞑想してみるのが理想です。

2週間くらい経った頃には、深い瞑想が出来るようになってくると思います。

*無料メールセミナーの登録*
『本当の自分を取り戻す
現実的スピリチュアルで人生改革』

今の人生を変えるために使うスピリチュアル情報をお届けする、無料メールセミナーです。

 ・今の自分、今の人生ってどう変えるの?
 ・スピリチュアルってどう活かすの?
 ・ソウルメイトと出会う方法
 ・心から満足できる日々を送るには

などの情報を、以下のフォームからお受け取りいただけます。

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



お名前
メールアドレス




他の瞑想の記事

瞑想の記事一覧を見る »

全てのカテゴリを見る »

[定期開催]瞑想会のご案内

瞑想

@東京都世田谷区用賀

毎週金曜 19:00-21:00

  • > ストレスや疲労感の解放
  • > 思考と心の整理
  • > 新たな気づきを得る

ホッと落ち着く穏やかな ひと時を過ごしませんか?

参加費:2,000円

場所:東京都世田谷区某所(プライベートな場所のため、お申込み頂いた方にお伝えしております。)

お申込みはこちら

SNS

▽ FaceBook □ベールの新聞的□

▽ twitter □日頃のつぶやき□

人生を創り変えるセミナー

ネットで探せない自分を変える本質的セミナー!
アデプト・プログラム

望まない生き方を手放し、自分らしい人生を創り始めませんか?

知識や情報を学ぶだけではない、本当の自分を知り、自分を変えていく2日間。

アデプト・プログラムの詳細

サロンの紹介

東京都世田谷区にあるプライベートサロンで、ヒーリングやセミナーを夫婦で行っています。



ご質問はこちらから

いただいたご質問は、出来る限り個別でご返信差し上げます。公開は致しませんのでご安心下さい。

また、匿名性を確保して記事に反映させていただきますことご了承くださいませ。