瞑想で悟りを得るには?過去の実例も紹介

瞑想で悟りを得るには

瞑想で悟りを開くには写真撮影:DanTranVu.オリジナルに「瞑想 悟り」のテキスト追加

何千年も前に悟りを開いたお釈迦様ですが、精神世界やスピリチュアルを学ぶ人にとって、「悟り」は大きな一つの目標になっています。

ちょっと仰々しい言葉ですが、おぼろげながら、瞑想で何かを悟るためには、気づきのポイントがあるように感じてきていますので、この記事でまとめていきたいと思います。

悟りを得ると良いこと

まずはざっとリストアップしていきます。

  • 悩みが格段に減る
  • 豊かになる
  • 恋がうまくいく
  • 死との向き合い方がわかる
  • スピリチュアル能力の開花
  • 事実・真実を見れるようになる
  • 心身の安定
  • 個性が発揮される

こんな感じです。

悟りの効能書きのようになってしまいましたが、なかなか魅力的です。

「悟り=覚醒=超能力」というイメージも強いのですが、超能力だけが悟りの効能ではありません。

ただ、上のリストは最終的な結果で、大切なのはそれを生む原因です。

瞑想は、この結果を生む原因を作っていく作業になります。

ただ、瞑想って続けるのはすごく難しい。

コツを掴むためと継続のために、瞑想会をサロンでは開いていますが、一人で日頃から続けるには、それ相応の強いモチベーションが必要になってきます。

では果たして、実際に瞑想で大きな成果を出している人は、どのような目線で日々を生きているか、について見ていきたいと思います。

意識を広げている

イノベーションを起こした人や、成功者が、瞑想をしている事実が取り上げられることがあります。イチロー、松下幸之助、スティーブ・ジョブズなど。

彼らの成功の秘訣の一つには、瞑想によって意識を広げているからだと思います。

宇宙が広がり続けるように、意識を広げ続けています。

瞑想を通じて私たちは「無」の状態になりますが、それは今までの「常識」の枠も無い状態です。枠が無いことで、意識の拡大を可能にし、新たな物の捉え方や、新たなチャレンジをしているのではないでしょうか。

一般的な人の意識は現状維持をしており、同じ失敗を何度も繰り返し悩むことがあります。

「狂気の定義とは、同じことを繰り返しながらも、違う結果を期待すること(The definition of insanity is doing the same thing yet expecting different results.) – アインシュタイン –

本当にアインシュタインが言ったのかを議論もされる言葉ですが、悟った人はこのようなシンプルな事実を明確に気づいています。

目が醒めて、自分が同じことを繰り返していたことに気づくのですね。

宇宙の流れと逆行しようとするのは、川の流れに逆らって泳ぐようなもので、エネルギーを消耗し、悟りとは逆に生きづらさを感じたりします。

時代が変わっても悟りのポイントは変わらない

悟りを開いたお釈迦様は、人に正しく物事を見るように伝えました。

「八正道(はっしょうどう」のうちの一つ、正見(しょうけん)と言い、”苦”の原因を見定めることとされました。

違うことを期待しながら、同じことをすれば、やっぱりそこには”苦”があり、それが続く原因を把握することが必要です。

時代や国が違っても、同じような事が語られるということは、悟りとは原理・原則に気づくことなのでしょう。

瞑想で悟りを開く方法

悟りには、もちろん資格があるわけではないので、「冷やし中華始めました」みたいに、「悟り開きました」とは言えないわけです。

その人の人生を見て、周りの人が悟っているかどうかを評価することになります。

周りの人を見ていると、ある時から一気に人生が変わっていく人がいて、その人は悟ったのだと思います。

・普通の50歳を越える主婦が、世界中を飛び回って仕事をするようになる
・ホームレスになりかけていた人が、一躍有名人となる

悟る前までは、いたって普通の人なのです。本当に、サナギからチョウに孵るかのように変化していきます。

ではどうやって悟りを開くのか。

瞑想で悟りを得ることに関連した疑問を元に、視ていきたいと思います。

  • 瞑想してる人が全員、アインシュタインみたいな偉人にならないのはなぜ?
  • そもそもなんで瞑想しないとダメなの?仕事を頑張れば良いんじゃないの?
  • 断食をすれば悟れるんじゃないの?

という疑問が浮かぶのは自然なことです。

逆に、この理由がわかっていけば、悟りに一歩近づけるかもしれません。

瞑想をする人全員が成功しない理由

それは瞑想が全てではなく、瞑想は全体の一部だからでしょう。

知っている人は、四六時中、瞑想をする人ではありませんでした。

「〇〇をすればうまくいく」というキャッチーな言葉は、甘く魅力的ですが、物事は繋がっていますので、一部がうまく行っていても、他の部分に不調があると、うまくいきません。

瞑想は自分を整える手段であり、行動は整った自分を悟りへと近づけるエネルギー源、といった感じです。

瞑想と行動は表裏一体なのです。

そして、悟る前の人生経験で、大きな失敗をしているのも特徴的です。失敗は成功のもとなのですね。

仕事を頑張れば良いのでは?

一生懸命になって、仕事に取り組むことはできるのですが、宇宙・自然の流れに沿った生き方はなかなか難しいです。

松下幸之助や、イチローは、宇宙が拡大するように、自身の意識も拡大させています。

仕事に没入するだけですと、お金のために働くことになってしまったり。ただ才能があったり適職なだけでやりたくもない仕事を続けてしまったりします。

これは仏陀のいう”苦”の一つであり、悟りとは逆行しています。

こうした状態から脱出するには、瞑想で心を落ち着け、物事を正しく見る機会が必要になるのでしょう。

断食をする

断食はお釈迦様もされていたことです、当たり前になっている「食べる」という常識から、「食べない」という非常識な行動を取ることになり、どれだけ自分が常識にとらわれて生きているかを知るきっかけになります。

どれだけのエネルギーを食に費やしていたかを知ることになり、また普通の食事が出来ることへの感謝の気持ちも生まれます。

霊気(レイキ)を世に広めた臼井甕男さんは、21日の山中での断食の末、脳天に雷が落ちたような感覚を覚え、悟りを開きました。下山途中に転んだ足を庇うように手をかざしたところ、たちどころに痛みが引いたので、それを霊気(レイキ)という手法を世に広めました。

しかし、断食をしたからといって悟りを得られる保証はありませんし、事実、お釈迦様は苦行では悟りを開けな語ったと伝えられています。

「Aをすれば結果はB」というように機械的な結果を得られるわけではなく、悟りに至るまでたくさんの時間をかけています。

ですので、日々成長しながら、コツコツと瞑想と日々の生活に取り組んでいくことが、一番の近道と言えるでしょう。

*無料メールセミナーの登録*
『本当の自分を取り戻す
現実的スピリチュアルで人生改革』

今の人生を変えるために使うスピリチュアル情報をお届けする、無料メールセミナーです。

 ・今の自分、今の人生ってどう変えるの?
 ・スピリチュアルってどう活かすの?
 ・ソウルメイトと出会う方法
 ・心から満足できる日々を送るには

などの情報を、以下のフォームからお受け取りいただけます。

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



お名前
メールアドレス




他の瞑想の記事

瞑想の記事一覧を見る »

全てのカテゴリを見る »

[定期開催]瞑想会のご案内

瞑想

@東京都世田谷区用賀

毎週金曜 19:00-21:00

  • > ストレスや疲労感の解放
  • > 思考と心の整理
  • > 新たな気づきを得る

ホッと落ち着く穏やかな ひと時を過ごしませんか?

参加費:2,000円

場所:東京都世田谷区某所(プライベートな場所のため、お申込み頂いた方にお伝えしております。)

お申込みはこちら

SNS

▽ FaceBook □ベールの新聞的□

▽ twitter □日頃のつぶやき□

人生を創り変えるセミナー

ネットで探せない自分を変える本質的セミナー!
アデプト・プログラム

望まない生き方を手放し、自分らしい人生を創り始めませんか?

知識や情報を学ぶだけではない、本当の自分を知り、自分を変えていく2日間。

アデプト・プログラムの詳細

サロンの紹介

東京都世田谷区にあるプライベートサロンで、ヒーリングやセミナーを夫婦で行っています。



ご質問はこちらから

いただいたご質問は、出来る限り個別でご返信差し上げます。公開は致しませんのでご安心下さい。

また、匿名性を確保して記事に反映させていただきますことご了承くださいませ。