気軽に行ける都会の谷で心を鎮める「等々力渓谷」

東京都世田谷区にある小さな谷。

等々力駅から歩くこと数分、駅に降りた時の静かな都会的な風景から一変し、いきなり自然への入り口が現れました。

等々力渓谷での非日常的な癒しの時間が始まります。

続きを読む

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。

この記事の関連キーワード:



和と自然を感じる極上のリラックス空間「うかい竹亭」

八王子にあるうかい竹亭では、懐石料理をいただきながら極上のリラックスタイムを味わえます。

山の中にあるので、大自然の中でお食事をいただけるのです。

個室の一つ一つが小屋のようになっていて、料理を一品一品運んでくれます。

このように入口からもう別世界のような雰囲気が漂います。

続きを読む

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。

この記事の関連キーワード:



ウェスト青山で贅沢なヒーリング・タイム

月に一回はヒーリング・デイをとることで、疲れをためずに仕事もプライベートも楽しむことが出来ます。

疲れの取れる贅沢なリラックスタイムを過ごさせてもらったのが、このウエスト青山ガーデン。

パンケーキが好きな方ならぜひ行ってみたいお店です。

ちょっと贅沢なヒーリング・タイムを味わいたい方にもオススメです。

お店についた時から、もう癒しの時間が始まりました。

続きを読む

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。

この記事の関連キーワード:



秋に必須!日光の紅葉と温泉で極上のヒーリングを味わう

秋といえば紅葉。

東京から行ける紅葉の名所といえば日光。

紅葉の名所であり、温泉と旅館の名所でもあります。

続きを読む

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。

この記事の関連キーワード:



桜新町の和カフェで猫とヒーリングタイムを…。

お昼時に入ったお店は桜新町の和カフェ。

お目当てはお店にいるにゃー(猫)です。猫ってどうしてこんなに癒やされるんだろう。。。

猫はどことなく不思議な雰囲気を漂わせていますね。

魔除けの力があるとも言われています。ヒーリングだけでなくて、魔も避けて守ってくれるなんて、とても頼もしいです。

エジプトの神様にバスト(バステト)という猫と人間の女神がいますが、こちらでお出迎えしてくれた猫は日本を感じる猫です。

桜新町 和カフェ 猫

続きを読む

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。

この記事の関連キーワード:,



東京は世田谷の緑あふれる砧公園で癒しの一時を

都会の生活で疲れた自分に、大切なヒーリングタイムを取ってあげていますか?

疲れはしらずしらずに溜まっていくもの。定期的に抜いてあげることが大切です。

Ayaさん(@a_army_yaaa)が投稿した写真

続きを読む

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。

この記事の関連キーワード:,



私がヒーリングをする理由。心の穏やかさは平和への一歩

一人一人の心が世界を作っている

peace-hand

『心の平和は世界の平和への一歩』

という思いを持ってヒーリングをさせていただいています。

スピリチュアルが好きだからという思いももちろんあります。

ですが、ヒーリングをしているもっと大きな想いと理由があります。

穏やかな心を持っていることは、穏やかな世界を作るためには必要なものだと思うのです。

心には色々な状態があります。

幸せ、喜び、情熱、献身を感じることもあれば、その逆を感じる時もあります。

愛したいと思う心もあれば、人を憎み批判したくなる心もあります。

世界中に住む人が人を憎む心を持ち、人を批判し、競争し、自己中心的な欲望に駆られているようでは、平和はまだまだ見えて来ないでしょう。

しかしもし、一人一人が心を整えることができたら、それは平和への大きな一歩と言えます。

心を癒やす

とは言え、いきなり「今日から人を批判するのは止めて、自己中心的な考えも止めます」ということにはなりません。

変化は徐々に起きてくるものです。

心の癒しが必要です。

それはリラクゼーションで得られる心の癒しと違います。

もっと根本的で、自分自身の感情を正面から見て知り、そして癒やすというものです。

こうすることで始めて自分の心を整えて、心に平穏さを無理なく自然に得ていくことが出来ます。

そこで必要になるのが、僕がサロンでさせていただくヒーリングです。

ヒーリングを受けることで、整理のついていなかった心が自然と整えられ始めます。

心の癒しが始まるということです。

でも、批判したり競争するなどの、自己中心的な心が消えてなくなってしまうわけではありません。

そういう心も知った上で、穏やかさを選べる状態が、心に整理がついて癒されている状態です。

癒しのプロセスは一人一人の心に平和を築くプロセスであり、それはそのまま、その心を持って生きている人の世界の平和へと繋がると思えてならなりません。

大量生産・大量消費型の方法では決して達成できないことですが、一人一人と向き合い、心に癒しをもたらすことができればと思っております。

今回はなんでヒーリングをしているの?というご質問にお答えさせていただきました。

HIRO

東京・世田谷 ヒーリングとカウンセリングのベールのヒーリングメニューはこちらから

この記事のカテゴリーは『ヒーリング・レポート@東京』です。



【癒しのエッセイ】偉く無いよ

僕たちはみんな偉く無い。

偉いというのは、

誰かが優等生で、

誰かが劣等生になるってこと。

 

本当の優等生は、いない。

本当の劣等生も、いない。

みんな対等だ。

 

みんなに個性がある。

色がある。

その個性や色で、

優劣は計れない。

みんな対等だ。

 

上司や年上の人には、

知識がある。

仕事が出来る人もいる。

だからといって、

知識や仕事の出来不出来で、

優劣は計れない。

みんな対等だ。

 

そのうち自分にも知識がつく。

スピリチュアルな瞑想を始めたり、

色んな事を知って、

スピリチュアルな生活を初めたからって、

優劣は計れない。

みんな対等だ。

 

みんな対等で、

みんな特別。

1人1人に個性があって色がある。

1人1人が光を持っている。

 

偉く無いを、大切にして行きたい。

思いやりを持って、人と接して行きたい。

そうすれば、

偉くなくても、

人生は喜びに溢れて来る。

この記事のカテゴリーは『未分類』です。

この記事の関連キーワード:



スピリチュアルを現実に活かす☆

『それぞれの方がそれぞれの意図と目的を実行するため

(仕事・恋愛・人間関係など)

という意思を持って

私はタロットやヒーリングをさせてもらっています。

タロットでしたら、具体的なアドバイスや状況

がみられます。

アドバイスやメッセージに

そうだったのかと、確信できる・気づく

もしくは

え?そうなの?とまだ見ぬ先の未来のものごと

を垣間見られる

でも、占いで当たった、気づいた

だけでは現実は変わりません。

ラー・タロットでは、実際に行動に移してゆく

エネルギーをお渡しします

現状を変化させていくことこそが、

占いにいらしたあなたの意図と目的だからです。

私の行うヒーリングは、時に癒しと、とらわれがちですが

現実の人生に活かすためのツールです。

それぞれの方が、本来自分らしく

自由に生きるため

現実の人生で使うための

可能性ヤル気

直感ひらめき

を受け取るため

実はこれらは、本来は元々みんながもっているものです。

だけど、学校教育や一般常識、

両親などの影響から

・みんなと同じじゃなくちゃ

・変わったことしたら何か言われる

・自分にはムリ

・○○さんとは違うから などなど

人生の痛みや悲しみ、苦しさで

自分の本当の可能性に蓋を

していただけ

ヒーリングで

まずその蓋をあけてゆく

(c) .foto project

 

あけたら、あなたの

現実の人生で使うための

可能性やヤル気

直感やひらめき

などを

受け取って

自分の意図と目的へ向かって前進してゆく

現実の人生の中で行動に移してゆくために

スピリチュアルを活用する

それぞれの人が自分を活躍させたいため

自分のしあわせを築いてゆくため

自分の人生、誰かが歩んでいるわけではありません。

自分が歩むからこそ

自由で楽しく、喜びに満たされるのです

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事のカテゴリーは『hiroeの目線』です。



”私らしさ”プログラム開催☆

人生では

誰かを気にして選択してこなかったこと
痛い思いをしたから避けてきたこと
不安だから進まなかったこと
が起こったりします。

だけど

「わたし変わらなきゃ!」
「わたしこのままでいいのかな?」

 

と思い始めたら、その時が
私らしさを選択して
「人生を喜びと楽しさ」で創り上げてゆく
チャンスなのです!

そんな今を迎えているかたへ

自分が人生の選択し
創り上げてゆくことを
可能にしてゆくエッセンス
をお渡しします。

わたしの人生”私らしさ”でいきていくための
イントロダクションとなる「”私らしさ”プログラム」であるアデプト・プログラムを開催しています。

 

*~* 「”私らしさ”を引き出す アデプト・プログラム」 *~*
~内容~
”私らしさ”の瞑想
”私らしさ”でいきていくための秘密
...etc

 

この記事のカテゴリーは『hiroeの目線』です。