アデプトで『光の世界・故郷』への旅を始めよう

何の苦労も無い満たされた世界へ

心が疲れてしまった時、大自然や空の星々、UFOの存在に思いを巡らせ「早く家に帰りたい」と思う時もあるかもしれません。

まるでお母さんのお腹の中のように安全で不安の一切無い満たされた世界。

欲しいものは物でも心理的なものでも精神的なものでも、何でも手に入る場所。

そこに向かっている存在があなたなんです。

私たちは無意識のうちに「光の世界・故郷」と呼べる本当の家に向かっています。

自分ではまだ実感がないかも知れません。

しかしそれでも、私たちは確かな一歩を、日々踏み出し続けているのです。

もしも現実の世界が辛いと思っているのならば、それは意識が進化してさらに良い場所を探しているため。

マズローという心理学者が自己実現理論というものの中で説いたように、私たちは食べ・眠り・排泄出来る事を求め、次の段階ではさらに高い水準の生活の安全を求め、続いて社会での役割を求め、、、とより良いものを求める旅が続いていきます。

こうして良いものを求めてきた結果として、現実が辛いと感じられる状態になって来たり、早く家に帰りたいと思うようになります。

順調に進化と成長をしている証拠です。

 

欲と強欲の区別は大切

こんな話しをしてると、それって強欲じゃないの?求めすぎてるんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。

良いものを求めることは決して強欲な事ではなく、区別が必要です。

例えば健康でアレルギーもなく食べられるのに、いつも食べ残しが多すぎるという状態は強欲です。

が、より美味しい食べ物をいただこうとするのは強欲ではありません。

行き過ぎないようなバランスが大切です。

 

元の世界に帰る道=アデプト

まず大前提として私たちがどうして生きているのか?という事をはっきりとさせておきましょう。

それは「幸せになるため」です。

元の世界に戻る方法は、日々幸せを求める事。

あなたが幸せを感じることはなんでしょうか?

一つずつ幸せを感じる事リストを作ってみましょう。

リストの中身はこの先変わる事があっても全然問題ありません。

今はフレンチトーストを食べることが幸せなことかもしれませんが、来年になったらもうそれは幸せなことじゃなくなってるかもしれません。

でも、もしかして3年後にはまた幸せなことになってるかもしれませんね(笑)

もしもリストの中で明らかに他の人を害する事があったら、それはリストから外してあげてください。

意図的に人に害を加えることは幸せとは呼べない事です。

3か月程度の間隔で、自分が幸せを感じることをリストアップしていくことで、その中でもブレることの少ないものが出てくると思います。

それは自分の中心になり、人生で幸せを感じるメインな事かもしれません。

素直に心に従って、幸せを感じることを追求してみてください。

これがあなたの本当の家に戻る道になります。

こうして文章で知るだけでなく、頭も心もすべて含んだ「あなた」という存在全体でしっかりと本当の家を感じて目指していきたいと思われるなら、アデプトを受けてみてください。

きっと、未来が大きく変わります。

HIRO

この記事のカテゴリーは『アデプト・コラム』です。

このカテゴリーの最新記事は『アデプトの効果って本当にあるの?』です。

現実を変えるメニュー

メニューの選び方:
多数のメニューの中からどれを選べばよいかは、こちらのページでご紹介しています。
  • お悩み別ヒーリング・メニュー

  • おすすめのメニュー:
  • DNAアクティベーション
  • アデプトプログラム

  • メニュー一覧:
  • ヒーリング