イメージを扱う瞑想法

イメージを扱う瞑想法【イメージ力UP・ネガティブイメージ解消】

9年間のスピリチュアルの学びから、エッセンスを伝える無料動画セミナーをプレゼント中*
LINEですぐお受取りいただけます。よくあるスピリチュアルな疑問や気づきのシェアもお届け。個別でご質問も受け付けています。

“イメージ出来るものは現実になる”という言葉を聞きますが、これが本当なら、イメージを上手に扱えば、自分の人生もよりよく扱えることになります。

私の経験ですが、日々瞑想を行っていたところ、イメージ力の乏しさが少しずつ改善され、「もっと想像力を使いなさい」と言われることが減っていき、仕事は順調に進むようになりました。

食わず嫌いのようなネガティブイメージも解消され、仕事、服、パートナーシップ、言動など、様々なところで選択肢が広がり、より快適な日々を過ごせるようになっています。

もし瞑想で自分の頭の中のイメージをコントロールできたら、さらに望みの現実化も早くなるでしょう!

瞑想をしても効果を感じない時もありましたので、「瞑想をしたら即、上手くいく」という綺麗事は言えないのですが、体験に即したイメージ力アップの方法とネガティブイメージの解消法などをシェアしていきます。

瞑想とイメージングの違い

頭が混乱する前に、瞑想とイメージング(イメージすること)の違いは何なのか、ということからご説明します。

既にご存知の方は、この見出しの部分は読み飛ばしてください。

瞑想とイメージングの違い

瞑想をどう捉えるかで、「瞑想 = イメージング」となるか、「瞑想 ≠ イメージング」となるかが決まります。

それぞれ分類していきます。

無になる瞑想(=受動瞑想)の場合

もし瞑想を、「無になるための瞑想」と捉えるのなら、何もイメージしないので、「瞑想 ≠ イメージング」です。ちなみに、何も考えない無になる瞑想は、受動瞑想とも呼ばれます。

何も考えず、雑念がわかないようにする瞑想です。

頭をリフレッシュさせる時は、受動瞑想を行うことが多いです。

瞑想で雑念を消す方法と活かす方法』で詳しくご説明しています。

Warning: Use of undefined constant php – assumed ‘php’ (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/veilsalon2/veilsalon.com/public_html/wp-content/plugins/php-code-for-posts/Classes/Shortcode.php(105) : eval()’d code on line 35

熟考する瞑想(=能動瞑想)の場合

反対に瞑想を、「熟考するための瞑想」と捉えるのなら、細部にわたってイメージすることになりますので、「瞑想 = イメージング」になります。これは能動瞑想とも呼ばれます。

一つの物事についてイメージングするのですが、その度合いにも幅があります。

例えば、球体など一つのものだけをイメージし続ける方法や、あることについて具体的に考えていく方法もあります。

瞑想でイメージ力を鍛える

瞑想でイメージ力を鍛える方法は、2ステップになります。

  • イメージ力を高める基礎トレーニング
  • イメージ力を高める実践トレーニング

基礎トレーニングは、実践で想像力を高められるようにしてくれます。

イメージ力を高める基礎トレーニング

イメージ力の基盤を強くすることで、こうした出来事により柔軟に対応できるようになっていきます。

  • 苦手なこと
  • 異性
  • 初めてチャレンジすること

トレーニング内容

  • 1: 受動瞑想
  • 2: 視覚化

受動瞑想

雑念がなくなるまで受動瞑想を行います。

方法は『瞑想で雑念を消す方法と活かす方法』をご覧ください。

1日20分を目安に、14日間ほど連続で続けます。

時間が確保できない場合などは短くてOKです。

瞑想時間の長さによって得られる効果は『瞑想の時間の長さ別*得られる効果まとめ〈数秒〜2時間以上〉』にてまとめています。

時間帯はなるべく朝を選びましょう。朝がオススメな理由などは『朝の瞑想が1日の質を高める!得られる効果とオススメのやり方』をどうぞ。

視覚化

一つのことについてイメージし続けます。

例えば、目を開けたままiPhoneをしばらくみてから、今度は目を閉じてiPhoneの輪郭をイメージし続けます。

あるいは、100円玉などでも構いません。

細部は良いので、輪郭をイメージし続けます。瞼の裏で視続ける感覚です。

形は何でも良いのですが、なるべくシンプルな形を選びましょう。

1日5分ほど行います。

コツは先入観を持たないこと

まず取り組むのは、先入観を持たないようにすることです。

先入観とは、いわば思い込みで、食わず嫌いのような状況を作っています。

試したことがないことを、苦手と思ったり、無理だと思ったり。

この状況から抜け出すべく、基礎トレーニングでは受動瞑想を行いましょう。

瞑想で先入観の”たな卸し”をし、実際に人と関わったり行動を起こすことで、新たな視点を受け入れていきます。

先入観を持たないと得られる効果

なぜ先入観を持たない方が良いかというと、感じていること、思っていることと真逆の発想ができるので、様々なケースに対応できる柔軟性が身につきます。

人とのコミュニケーション

人の話を最後まで聞いて、相手を理解できるまで質問できるので、誤解を小さく留められます。

仕事・ビジネス

希望する結果と、望まない結果を同時に検討できるので、その時々の状況に一喜一憂することなく、粘り強く結果が出るまで続けられます。

恋愛

押し付けることなく自己表現をし、相手のことも理解しようと努力するので、自分にぴったりのパートナー(ソウルメイト)と結ばれやすくなります。

イメージ力を高める実践トレーニング

日々の基礎トレーニングが出来てきたら、実践に入ります。

自分の熟知した分野を選んで能動瞑想をしましょう。

まずはどんな感じで瞑想するのかをシェアするべく、自分の経験をシェアします。

テニス前に行ったイメージング

高校生の頃にテニス部に所属していたので、頻繁にテニスをしていたのですが、大学生ではテニスサークルや部活に入らなかったので、テニスをする機会が減りました。

しかし、テニスの試合を見ていたらテニスがしたくなり、友だちを誘ってテニスをしに行きました。

その前に、瞑想でイメージングをしたのです。すると、案外うまく体が動いてくれて、良いプレーができました。

ただし、熟知していない分野のボウリングでは、どれだけイメージをしても効果がありませんでした。

熟知していない分野では、細かなイメージが難しいからなのでしょう。

イメージ力を鍛えるステップ

実際のトレーニング内容です。

  • 1:熟知したジャンルを選ぶ(職業、プロジェクト、遊びなど)
  • 2:理想像を設定する
  • 3:受動瞑想で瞑想状態に入る
  • 4:自分がそうなっているところをイメージング(能動瞑想)する
  • 5:実際にトライする
  • 6:1〜5の繰り返し!

イメージ力を高めるコツ

コツになるのは、上の「5:実際にトライする」部分です。

瞑想やスピリチュアルが好きな人は、行動するよりもイメージする方が好きなことが多いのですが、行動することでより具体的で細かいイメージングが可能になります。

苦手意識がある場合は、ほんの少しでも良いので、まずは行動を起こしてみるのがポイントになります。

“四大元素”や”カバラ”の世界でも言われることですが、物事の現実化の流れは

「アイディア」→「思考」→「計画(イメージングはここ)」→「行動」

です。

イメージングばかりしていると、現実が変化しなくて焦りを感じてしまうかもしれません。

バランスよく取り組むと、精神的にも現実的にも良い結果が得やすいです。

イメージ力アップについてはここまでです。

ネガティブイメージをクリアにする方法

物事に染み付いたネガティブイメージは、解消するのがなかなか難しいです。

苦手意識がつくと、それについて考えるのも億劫になりがちです。

先入観は「イメージ力の基盤を強くする方法」でクリアにしていきますが、苦手意識を感じるなど、抵抗感のあるネガティブイメージはもう少し掘り下げる必要があります。

クリアにするステップ

※精神的に辛い場合、この作業を一人で行うことは控えましょう。

1: ネガティヴイメージを1つピックアップする

2: 受動瞑想を雑念がなくなるまで行う

3: ネガティヴイメージがある原因について熟考する(潜在意識を顕在意識に変える)

信頼できる人と共同で、これに類似する作業を行うことをオススメします。

今回は例として、「嫌いな人がいる」場合について考えてみます。

様々な角度で考えられますが、今回は10個の切り口をリストアップします。

  • 3-1: 悪い人だからなのか。
  • 3-2: 根性が嫌いなのか。
  • 3-3: 時間が経てば解決するのか。
  • 3-4: お金があれば解決するのか。
  • 3-5: 自分に力があれば解決するのか。
  • 3-6: 尊敬できないのか。
  • 3-7: 生理的に受け付けないのか。
  • 3-8: 話が通じないのか。
  • 3-9: 言動を受け入れられないのか。
  • 3-10: 容姿が気に入らないのか。

上記のリストアップした内容で、引っかかるところがあれば、さらにそれについて熟考します。

例えば、「3-1:悪い人だからなのか。」に対する答えが「イエス」だった場合、自分にとっての善悪の基準について瞑想していきます。

そのようにして、ぼやけて整理されていない思考に光を当てて、明確に整理していきます(潜在意識の顕在化)。

*無料動画セミナーをプレゼント*
『誰でもできる!人生の問題を乗り越えるスピリチュアル』

  •  ・スピリチュアルを知ったけれど人生が変わらない
  •  ・今の生き方が続いていくことに疑問を感じる
  •  ・思えば同じ問題が繰り返し起きている
  •  ・人や社会に合わせるのが本当は苦手
  •  ・親・友人・恋人に左右されないよう、自分の軸を保ちたい
  •  ・理想のパートナーと無理なく結ばれたい
  •  ・人生を良くしたいけれど具体的な方法は分からない

という思いをお持ちの方にオススメ

動画の内容

  • ① 家族・友人・恋人・職場の人間関係に左右されず、自分の軸を保つ発想法
  • ② 無理せず成就する恋愛・パートナーシップの秘訣
  • ③ スピリチュアルを本やブログや動画で学んでも人生が変わらない理由
  • ④ 今の人生を想像を超えたモノに変える〇〇〇〇
  • ⑤ スピリチュアル能力開花に必要な秘密
その他のプレゼント

1:スピリチュアル・ニュースをお届け

・星の動きに沿った過ごし方
・多くの人が感じる疑問や気づきのシェア

2:直接質問できます

無料動画セミナーを視聴したら、色んな疑問が湧いてくるかもしれません。
質問に個別メッセージでお応えします。
(お答えし切れないほどの質問が来たら、このプレゼントはなくなるかもしれません...。)

▽ LINEで受け取る ▽

友だち追加



▽ メールで受け取る ▽

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP