瞑想で喜びを感じるとストレスが減り、本来の自分に目覚める

瞑想をしていると喜びを感じる時がやってきます。

一日中働いた後にくつろぐと心地よさを感じるのと同じで、日常生活で酷使した思考が休まることで喜びを感じるのです。

この状態になると日頃溜まっていたストレスが大きく減退し、重くのしかかっていたプレッシャーから解放されて楽になっていきます。

この瞑想が続くと遠い過去へと心が戻っていきます。

物心のつかなかった頃、いま振り返ってみると訳の分からない事で思い切り喜んでいたことがあると思いますが、そのような純粋な喜びへと近づいき本来の自分に目覚めていくのです。

喜びを感じた先に何があるのか、詳しくみていこうと思います。

瞑想の喜びの感覚

瞑想をしていると初めはいろいろな雑念が頭に浮かびます。

座っていて腰が痛かったり、欲しいものが頭に浮かんだり、明日の予定が気になったり。

この状態は誰でも起きてくるものです。

しかしここで瞑想を止めずに穏やかに続けていると、雑念が浮かんではすぐに消えていくのです。

これが続いていくとほとんど雑念が気にならない状態になり、とても穏やかな気持ちで瞑想に喜びを感じます。

この状態は日ごろのストレスや誰かから教わったことの範囲外にある本来の自分に近い状態です。

本来の自分とは

まず、今思っているあなた自身とはだいぶ離れている人だと思ってよいと思います。

生まれてから私たちは親の影響、先生の影響、社会の影響など様々な影響を受けてきました。

その途中で本来の自分を見失ってしまうのですが、瞑想をすることでそういった影響から一つずつ自由になっていくことができます。

固定的な物の見方や、ある物事に反射的な反応をしてしまう状態から、様々な角度から物事をとらえるようになっていきます。

例えば人から裏切られたとします。

過去、裏切られた体験をした方から悲しい話ばかりを聞いていたら、あなたも悲しい気持ちになってしまうかもしれません。

しかし瞑想をして本来の自分へと進んでいると、悪縁が経たれて良縁への道が開けたと思い奮い立つことも出来るでしょう。

固定された直線的な考え方からの脱却が、本来の自分に気づいていく一歩なのかもしれません。

瞑想が本来の自分を知るために必要

この記事を読んでいるあなたは、今考られる可能性の範囲で収まり切らない人です。

もっと愛されて良いですし、もっと豊かで良いですし、もっと自由でも良いんです。

ただし、あなたもお気づきのように今まで通りの生き方をしていてはその意識になるのはとても難しいことでしょう。

今まで生きてきた敷かれたレールの延長線上から離れるための有効的な手段が、瞑想なのです。

あらゆる人生の問題を乗り越える知恵を伝える無料動画セミナーをプレゼント中*
LINEですぐ受取れます。初回限定で無料カウンセリングも受付中。
友だち追加
  •  ・愛し愛されて理想のパートナーと生きていきたい
  •  ・人に言えない恋愛やお金の悩みを抱えている
  •  ・自信が持てず、自分を認められない
  •  ・仕事でお金は稼げるけど、本当にやりたいことじゃない
  •  ・今の人生がこのまま続くなんて嫌だ、変わりたい
  •  ・自分の人生を生きていない気がする、自分は誰?

という思いをお持ちの方にオススメ

動画の内容

  • ① 家族・友人・恋人・職場の人間関係に左右されず、自分の軸を保つ発想法
  • ② 無理せず成就する恋愛・パートナーシップの秘訣
  • ③ スピリチュアルを本やブログや動画で学んでも人生が変わらない理由
  • ④ 今の人生を想像を超えたモノに変える〇〇〇〇
  • ⑤ スピリチュアル能力開花に必要な秘密
その他のプレゼント

1:カウンセリングを無料でプレゼント

60分の初回限定カウンセリングを無料でプレゼントしています。LINE通話で行います。

あなたが直面している問題についてぜひお尋ねください。タブーはありませんし、人に言えない悩みでも大丈夫です。

本来の自分らしく自由に生きるために、行動指針を一緒に創り上げましょう。

2:人生にすぐ役立つ知恵をお伝えします

LINEのメッセージでは、ブログやSNSに書ききれていない、具体的な目に見えない世界の学びの実践方法を凝縮してお伝えします。

私たちが人生の壁を乗り越えたポイントとなる、活きた知恵をシェアしていきます。

▽ LINEで受け取る ▽

友だち追加



▽ メールで受け取る ▽

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



愛に満たされた人生が始まる...
秘密のプログラム「アデプトプログラム」開催中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP
TwitterFacebookLine
TwitterFacebookLine