スピリチュアルから見る病気の意味と原因

現実的には嫌な病気ですが、スピリチュアルから見るとその意味は、気づきを促してくれるものだとも受け取れます。病気にならないと、なかなか自分の健康には目を向けないものだと思います。

健康に関して深く研究された方は、病弱であったのを克服した方が多いような感じもあります。西式健康法の西勝造先生、西式甲田療法の甲田光雄医師、マクロビオティックの提唱者の櫻澤如一先生など。

また、病気の原因は「病は氣から」と言われるように、氣の不調からとされていて、その大元は怒りと不安。

それでは、スピリチュアルな視点で病気の意味と原因を探って行きたいと思います。

病気が教えてくれること

病気は普通に考えると良くないものです。出来れば避けたい。時には全身の力が抜けてしまうような、ガックリとくる病気だと分かることもあったり、心筋梗塞や脳卒中は苦しいし、胃腸炎や食中毒になれば一日中吐き気で辛いですし、花粉症になればあんなに気持ち良い春が嫌いになってしまいます。

でも、症状を無視しなければ、なんで病気になったんだろう?と考えるきっかけを与えてくれているのです。それを体は望んでいると思います。おいもうちょっとオレ/アタシのこと考えてくれよ、って。なかなかこういう発想には至りませんけれど。

私は幼少からしばらく病弱で、年に一回は入院するのが恒例行事だったのですが、体調が悪くても体の声なんて聞こうとしませんでした。調子が悪くなったらお医者さんに行って、入院・点滴・薬を飲めばそれで良くなると思っていますから。実際、お医者さんに行くと2,3日で元通り。あとは学校に行かずに朝から晩まで遊べる入院生活です。

でも、毎年その時期に繰り返す理由は分からないんですね。お医者さんにはストレスありますか?なんて聞かれたりしたのですが、まあそんなにストレスと言って思い当たることはありませんでした。

原因が分からないので、自分の体調を悪くしている原因は何なのか、という肝心なことを深く追求せず、日ごろは食欲に任せてお腹一杯食べたり。お菓子だって食べたい放題。焼肉食べたい放題、してました。良くないですね。やせっぽっちだったので、(今もそうですが)、いっぱい食べると褒められるという変な悪循環もありました。

今思えばヤセの大食いは、単に食べ過ぎで腸に宿便が溜まったりして、吸収機能が十分に働いていないのだと思います。ちょっと断食てご飯を食べたら、太れたということがあったので。

ちょっと話はそれましたが、じゃあなんで病気になるんだろう?と考えたとき。スピリチュアルな目線からは色んな原因が考えられます。

お金への執着

これは僕は本当に強かったと思います。お金がない!足りない!そう思うと、腰を悪くしました。え!?そんなの科学的じゃない!と言われてしまうかもしれません。でも、お金の心配は腰に来ました。

幼少の頃から、お金を使うのはモッタイナイ!節約が素晴らしいという風潮で生きてきましたし、お金が足りないという言葉をよく耳にしていたので、ああ、お金っていつも足りないから、あんまり使わないほうがいいのね、と思っていました。ウブですね。。。

そういう言葉は、心配や不安の感情を載せて頭に入ってくるので、ネガティブな感情的の力に押し負けてしまって、盲目的に信じ込んでしまってました。冷静に論理的に考えれば、使えった方が入ってくるという場合にも気づけたものですが。とにかく、お金への心配が腰の調子を不安定にさせていたと思います。それから、お金への執着は腸の乱れを生み、花粉症も引き起こしました。

お金の心配がだいぶ抜けたとき、腰も丈夫になってきて、花粉症も和らいできました。科学的に考えると、お金の執着という氣の乱れが直れば、それで腰痛も花粉症も直ると考えがちですが、そうではないのですね。すべてが繋がって関連しているので、一部分だけを取り上げて答えを出すことは出来ないのです。こういう事実は、肉体の構造やカバラを勉強するうちに、少しずつ分かってきました。

※すべては全体で繋がっている

一つのことは、他のことと繋がって連動しています。万人共通でお金の執着を消せば腰痛・花粉症がよくなるとは限りません。僕の場合はそうなったというだけで、人間は生き物なので機械じゃありません。DNAや家庭環境、教育環境などが違うので、その人の全体を見る必要があると思います。全体を詳細に捉えるときは、カバラを使うと本当に分かりやすくなります。

僕の場合、体が全体で繋がっていることを強く実感したのは、人の体のコリをほぐす時でした。例えば心臓の調子が悪ければ、太もも、ふくらはぎが凝っている。あるいは腕が凝っている。腰の調子が悪ければ、モモの裏が凝っている。大切な人が病気をしていて、現代医学では治らないと言われてしまったので、それはもう死に物狂いで研究しました。その時のお医者さんの先生と相性が合わなかったのか、救急車で病院に運ばれても良くなりませんでしたし。目の前で苦しんでいますから、自分に出来ることをとにかく全部やりました。何もせず指をくわえている選択がなかったのです。

頑張り過ぎのサイン

病気は頑張りすぎや、体を酷使しすぎていることのサインとしても現れます。溜まっていく疲れを無視して働いていませんか。

仕事があるから病気にもなれない、と言って頑張って働く人もいます。時には薬で症状を抑えて働くことが必要な時もあります。けれど、どうしてそんなに頑張らないといけないんでしょう?そこをもっと掘り下げる必要があります。

頑張る→マッサージに行く→頑張る、というループから抜け出すためにも、瞑想をして落ち着いて考える時間が必要です。何しろ、「頑張るのは良いことだ」という概念が日本では蔓延しているような気もします。「我慢して歯を食いしばって頑張る訓練が学校教育だと思う。生活を維持するために」、と友達から言われたこともあります。

確かに生活を維持するためには、嫌なことも頑張ってやらないといけないかもしれません。でも、地球人類全員がそうやって生きているんでしょうか・・・?そうしないと生きていけないんでしょうか・・・?全人類が共通してそうしなければ生きていけないのであれば、間違いなく頑張る必要があります。けれど、そんなことないと思います。

頑張り過ぎて倒れてしまったときは、頑張る氣になっている理由を見つけるチャンスだと思います。

病気をきっかけに氣を浄化する

病気になるとしばらく休むことになりますね。これは氣を整える時間を強制的にとるタイミングだと思います。

病気になって初めて、私たちは手を止められます。社会のシステムの中に入っていると、基本的には休みなく働くわけですから。休日だって、自分のための時間を取れているかと言えば、実はそうじゃないかもしれません。

本当に自分がやりたいことを出来ているんでしょうか?誰かがそうした方がいいと宣伝したことを、前に倣えでやっていると、氣が休まらないのです。そうすると、休んでも休めない。慢性疲労に入ってしまいます。なので、病気になったらしっかりと心身を休め、療養を取りましょう。

出来れば、日常の行動や思考パターンを取っていたのかを内観し、改善していく必要があります。

病のスピリチュアルな原因

冒頭で病の原因はスピリチュアル的には2つあり、一つは不安であり、一つは怒りであるとお話しました。不安に思っていることがなくなった途端、体調が良くなる人を見かけたことがあるかもしれません。

長年一つの不安を気がかりに頑張ってきた人で、表情が険しく病気がちだったけれど、その不安が減っただけですっかり元気になるのは、少なくないと思います。

怒りと不安の元

何が怒りと不安を生み出しているのかとうと、その要素は大きく分けて、「お金・仕事・家族・恋人」の4つが多いようです。

  • お金が気になって氣・精神が不安定になる
  • 仕事の責任・不安からくるストレスで胃が痛くなる
  • 恋人のことを考えると胸が締め付けられる
  • 家族の一言に腸が煮えくり返る

よくあるケースですね。ご多分に漏れず、私も全部経験しています!

解決策

いきなり「怒るな、不安になるな」と言ってもそれは難しいことです。怒らないよう我慢して、余計にイライラと怒ってしまうかもしれません。不安にならないように気をつけることで、余計に不安になるかもしれません。

ですので、何が必要かというと、まずは心にゆとりを持って、自分を癒すことです。それは心、頭、体から緊張を解きほぐすことで始まります。サロンでは瞑想会でこれを行っています。

それから怒りや不安の一番の原因を生み出す要素にとらわれない生き方をするためにエネルギーチャージをする事。これはサロンではDNAアクティベーションで行っています。

そして、怒りと不安の渦から抜け出るために、正しい知識をインプットすること。これはサロンのアデプトプログラムで行っています。

その他にも、自然と触れ合ったり、ジャズやクラシック音楽などを聞いたり、自分が癒やされる方法を探してみるとグッドです。

まとめ

起きた病気の症状をすぐに解決出来るように、対処療法はすごく大切です。

しかし、スピリチュアルな視点も大切にして、なぜ病気になったのか?を冷静に考え、病気にならないように氣を日常的に整えることも大切です。

両方をバランスよく行い、病気とうまく向き合っていけるのが、一番良いことだと思います。

*無料メールセミナーの登録*
『本当の自分を取り戻す
現実的スピリチュアルで人生改革』

スピリチュアルを現実的に活かす方法をお届けする、無料メールセミナーです。

 ・スピリチュアルってどう活かすの?
 ・ソウルメイトと出会うには?
 ・本当の自分で生きるには?

などの情報を、日々のメールと、その時の流れに沿った不定期のメールでお受け取りいただけます。

メールをお受け取りの方は、スピリチュアルなご質問も受け付けています*

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



お名前
メールアドレス




▽ LINE@ ▽

ラインで質問を送っていただければ、現実的にスピリチュアルを活かしていく方法をお答えします★

その時の流れに沿った不定期のメールやセミナー、ブログ更新情報もいち早く受け取れます*

友だち追加


他のスピリチュアルの記事

スピリチュアルの記事一覧を見る »

全てのカテゴリを見る »

瞑想会のご案内

瞑想

@東京都世田谷区用賀

新月・満月・随時開催

  • > ストレスや疲労感の解放
  • > 思考と心の整理
  • > 新たな気づきを得る

ホッと落ち着く穏やかな ひと時を過ごしませんか?

参加費:1,000円

時間:2時間を目安

場所:東京都世田谷区某所(プライベートな場所のため、お申込み頂いた方にお伝えしております。)

詳細はこちら

SNS

▽ FaceBook □ベールの新聞的□

▽ twitter □日頃のつぶやき□

人生を創り変えるセミナー

ネットで探せない自分を変える本質的セミナー!
アデプト・プログラム

望まない生き方を手放し、自分らしい人生を創り始めませんか?

知識や情報を学ぶだけではない、本当の自分を知り、自分を変えていく2日間。

アデプト・プログラムの詳細

サロンの紹介

東京都世田谷区にあるプライベートサロンで、ヒーリングやセミナーを夫婦で行っています。