潜在意識の出会いを遠ざけるルティーン/手放して出会う方法

潜在意識の出会いを遠ざけるルティーン/手放して出会う方法

ヒロノブです。

目に見えない世界の学びをして10年になりました。恋愛が苦手で喋り下手でしたが、良い出会いに恵まれて、今では奥さんと結婚できています。

出会いがあったのは、潜在意識にあるネガティブなイメージを手放せたから。

潜在意識を正しく扱うと、良縁に結びつけることも可能です。

僕が知ってる潜在意識の扱い方や、出会いにまで結びつける方法をブログにしていきます。

ポイントは3つ。

  • 潜在意識について正しく理解する
  • 潜在意識が起こすルティーンに気づく
  • 新しい行動パターンを始める

潜在意識が引き起こすルティーンを手放すと出会いが増える

まず、潜在意識には、理解できなかった情報がグチャグチャに溜まっています。そして、潜在意識は意識の90%ほどを占めています。
※潜在意識については『潜在意識とは?顕在意識とは?2つの違いは何?』をご覧ください。

すると、理解できず良く分からないまま、「出会いってこういうもの」というイメージが出来あがっていきます。

90%くらい出会いのイメージが出来あがっているので、出会うためにする行動はいつも同じパターンになってルティーンになっています。

もし出会えないルティーンを繰り返していると、いつまでも出会えない状態になってしまいます。

反対に、潜在意識が作り出す出会いのルティーンを手放せれば、新たな出会いが生まれるようになります。

実際に僕が体験した例をご紹介させてください。

出会いを妨害する潜在意識のルティーンを手放してみた

出会いを妨害する潜在意識のルティーンを手放してみた

僕の場合、「出会いは声をかけてもらうものだ」と思ってました。ドラマやマンガの影響でしょうか…笑

でも、現実は声をかけてもらえる機会なんて無くて。だから、出会いが欲しくても、出会い無しでした。

それで、目に見えない世界の学びを進めていると、自分で待ってるばかりではダメだと気づき、声をかけてみることに。

今までやったことが無いので、ドキドキです。友だちから「気持ち悪い」と言われて落ち込みながらも、声をかけてみました。

すると、今の奥さんと付き合うことが出来て、そのまま結婚まで至りました。

出会えたポイント

今まで良い出会いがなかったのは、「出会いは声をかけてもらうもの」という潜在意識があって、出会いを遠ざける行動がルティーンになって続けていたから。

これに気づいて、古い行動パターンを手放せたので、新しい行動をして出会いに繋がりました。

潜在意識のルティーンを手放し、ひらめいたアイディアを実行して、出会いに繋げよう

潜在意識が引き起こすルティーンを手放すと、新しいアイディアの閃きが得られます。

僕の場合は自分から声をかけることでしたが、別の方の場合はマッチングアプリだったこともあり、その形は様々です。

もしアイディアを閃いたら、ブレーキをかけずに実行してみましょう。

初めは慣れない事なので、落ち込む現実に直面するかもしれません。だけど、古いままの自分でいるより、確実に出会いに近づいています。

続けていれば、必ず自分なりの成功パターンを見つけて、出会いに繋がりますよ。

どんなルティーンを繰り返しているか気づき、新しい行動パターンを開始して、出会いを手に入れていきましょう!

個別のご相談はLINEで受け付けていますので、お送りください*

無料LINE講座をプレゼント中*
LINEですぐ受取れます。
友だち追加
  •  ・愛し愛されて理想のパートナーと生きていきたい
  •  ・人に言えない恋愛やお金の悩みを抱えている
  •  ・自信が持てず、自分を認められない
  •  ・仕事でお金は稼げるけど、本当にやりたいことじゃない
  •  ・今の人生がこのまま続くなんて嫌だ、変わりたい
  •  ・自分の人生を生きていない気がする、自分は誰?

という思いをお持ちの方にオススメ

LINEの内容

  • ① 人間関係を行き詰らせる本当の原因
  • ② スピリチュアルは信じなくて大丈夫
  • ③ 独学で人生を変えられるの?
  • ④ 幸せなパートナーシップの秘訣
  • ⑤ いにしえの時代から世界中に存在した秘教学校のこと

▽ LINEで受け取る ▽

友だち追加



▽ メールで受け取る ▽

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



愛に満たされた人生が始まる...
秘密のプログラム「アデプトプログラム」開催中
PAGE TOP
TwitterFacebookLine
TwitterFacebookLine