美しさを分解する

9年間のスピリチュアルの学びから、エッセンスを伝える無料動画セミナーをプレゼント中*
LINEですぐお受取りいただけます。よくあるスピリチュアルな疑問や気づきのシェアもお届け。個別でご質問も受け付けています。

人は美しいモノには目が無くて、無条件に注目してしまいます。

美しいと一言で言えども色んな美しさがあるけれど、美しさに共通する要素を分解して見ようと思います。

まず美しいものは、それがあるだけで癒やしが起きます。

良い絵画は眺めてるだけで心の中が清められる感覚や、イラナイ邪気が燃えていくような感覚があったりします。

ネコの顔は良くできていてとても美しく、見てるだけで癒やされます。

(今日は昨年旅立ったサロンの癒やし猫ポコゾーの命日🙏)

そして、美しいものを感じると、心の奥深くに喜びを感じます。

美しいものを見て嫌がる人はいないのでね。人間の本性は美なのだと思います。 

美による癒やし、美による喜びの出所は、1つは性にあると感じてます。異性や性そのもの。

性的なことってタブー視されがちだけれど、人の美を込める基本的な型だと思います。

性を通じて喜びを与えたり受け取ったりしますし、イケメンや美女を見て癒やされるのは性的な魅力があるからです。

そしてその魅力の中には黄金比が隠れているのです。ミロのビーナスは黄金比によって出来上がっているとされてます。

また不思議とVenusは裸で、性的な魅力(エロス)も感じさせます。

また美を別の角度から見ると、そこには自己犠牲があります。

男女の関係もそうですが、自分の欲求ばかりを優先していたら、醜い関係になってしまいます。

自分の想定してることや、望んでいることを打ち壊し、自分を犠牲にすることで生まれるハーモニーは美しいです。

そして美しいものは強いですね。武神館の初見先生が仰っていたはずですが、美しい形は強いのです。

体裁き、突き、空間のとり方、一つ一つの一挙手一投足が美しいと、その人は強いのですね。

それから、勝とうとばかりしません。相手を受け入れてしまうこと。寛容さを持つこと。

相手を支配しようとするのではなく、自由にさせてあげることで、より強くなることができます。

太極拳では、力と力の真っ向勝負ではなく、相手を飲み込んで行くことで、相手の力を対処すると聞きましたが、その動きしかり、精神性然り、とても美しいです。

戦わずして勝つていう印象です。

そして、さらに抽象度を上げていくと、美しいモノには、生と死がかかわっています。

絶景は死を感じる景観ですが美しく、命の誕生は美しさと喜びに溢れています。

侘び寂びの美意識は、生と死が日常にあるからこそ表現されるもので、どんな状況においても日を表現する一貫性・高貴さを感じずに入られません。

どれだけ、今生きている命に向き合い、自分を大切にしているかで、表現できる美の幅は大きく変わってくると思います。

日々の生活の中で美しいものが増えて増えて溢れてきたら、きっと一人一人の日常=世界はもっと輝かしい場所に変わっていくはずです。

*無料動画セミナーをプレゼント*
『誰でもできる!人生の問題を乗り越えるスピリチュアル』

  •  ・スピリチュアルを知ったけれど人生が変わらない
  •  ・今の生き方が続いていくことに疑問を感じる
  •  ・思えば同じ問題が繰り返し起きている
  •  ・人や社会に合わせるのが本当は苦手
  •  ・親・友人・恋人に左右されないよう、自分の軸を保ちたい
  •  ・理想のパートナーと無理なく結ばれたい
  •  ・人生を良くしたいけれど具体的な方法は分からない

という思いをお持ちの方にオススメ

動画の内容

  • ① 家族・友人・恋人・職場の人間関係に左右されず、自分の軸を保つ発想法
  • ② 無理せず成就する恋愛・パートナーシップの秘訣
  • ③ スピリチュアルを本やブログや動画で学んでも人生が変わらない理由
  • ④ 今の人生を想像を超えたモノに変える〇〇〇〇
  • ⑤ スピリチュアル能力開花に必要な秘密
その他のプレゼント

1:スピリチュアル・ニュースをお届け

・星の動きに沿った過ごし方
・多くの人が感じる疑問や気づきのシェア

2:直接質問できます

無料動画セミナーを視聴したら、色んな疑問が湧いてくるかもしれません。
質問に個別メッセージでお応えします。
(お答えし切れないほどの質問が来たら、このプレゼントはなくなるかもしれません...。)

▽ LINEで受け取る ▽

友だち追加



▽ メールで受け取る ▽

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP