アトゥムは天地創造をした神様で、エジプト神話の中のヘリオポリス創世神話に関わる9柱の神々の代表格です。

アトゥム神について

アトゥムは両性具有であり、宇宙を創造した神です。

ヘルメティカにおける世界の始まりには、暗闇が立ち込めコイル状に渦巻いている様子が蛇のようだ、とも記述されていて、アトゥムが蛇として描かれることと類似しています。

宇宙を創造出来る不死の神が蛇として描かれることは、永遠性を象徴するウロボロスの輪が蛇で描かれることに類似しています。

アトゥムも同様に、生死を超越した活力の象徴である神として描かれます。

カバラにおいてはアイン・ソフ・オウル(無限光)の持つ偉大な活力と関連性を持ちます。

エジプト神話において、アトゥムは他の神の力を借りず、自分自身で大気を司る神シュウと、湿気の女神テフネトを生み、宇宙の創造を進めます。

両性具有の意味

両性具有であるということは、自分以外の神によらずに子供の神を生むことが出来ます。

男性神・女性神と性別のついた神々は、男女ペアになることで子を設けます。

こうしたことから、両性具有という性質は完全性の体現も意味します。

アトゥムの家系図

アトゥム
シュー=テフヌト
ゲブ=ヌート
オシリスイシスネフティスセト

現実を変えるメニュー

メニューの選び方:
多数のメニューの中からどれを選べばよいかは、こちらのページでご紹介しています。
  • お悩み別ヒーリング・メニュー

  • おすすめのメニュー:
  • DNAアクティベーション
  • アデプトプログラム

  • メニュー一覧:
  • ヒーリング