やりたいことが出来ないスピリチュアルな理由

やりたいことが出来ないスピリチュアルな理由

ヒロノブです。

やりたいことがあるのに、なかなか実行できないと、焦りや不安が生まれてきます。

「じゃあ、やればいいじゃん」と言われて、やれていたら、今頃もうやっていますよね…。

実行できない理由を、目に見えないレベルで探ると、「今に集中していない」からです。

僕は「いつか独立するぞ」と思ってずーっとアルバイトをしていた頃があり、想いと裏腹に現実は上手くいかない時がありました。

しかし、目に見えないスピリチュアルな学びを深めるうちに、今に集中できるようになると、独立できた経験があります。

そこで得た気づきをシェアさせていただきます。

やりたいことがあっても現実にならない理由

どの時間軸に集中しているかで、現実になるか、ならないか別れます。時間軸は3つ。

・未来
・過去
・現在

このうち、未来と過去に集中していると、やりたいことがあっても現実になりません。

というのも…

未来に集中している場合

根本的には未来への不安があります。

例えば、「お金が無くなったら、やりたいことが出来ないから、まずはお金を稼いで安定した収入を得た方がいい」という発想です。

一見すると正しそうですが、実は間違っています。

まず、未来には何が起きるか全く未知なので、「安定」が実はありません。

それから、「お金が無いとできない」と信じていると、いま出来ることも手を着け始めません。すると永遠に先延ばしになってしまいます。

なので、未来に集中している時は、やりたいことで生きていく人生にはなれないのですね。

僕がそう思っていた時は、なりませんでした。

過去に集中している場合

根本的には、過去の失敗を後悔して、また失敗するのを怖れている状態です。

例えば、「過去に起業して失敗したから、もう同じ失敗はしたくない。借金も大変だったし、再チャレンジはやめておこう」という発想。

過去の失敗が心の傷になっています。何で失敗したかという原因をいま分析してハッキリさせることができず、過去を後悔して、また傷つくのを怖がっています。

傷つかないように、やりたいことで生きていけない行動パターンを繰り返すことになります。

こういう時も、やりたいことで生きていく人生にはなりませんでした。

なので、やりたいことで生きていくためには、いまに集中する必要があります。

今に集中する2つの方法

今に集中する2つの方法

2つの方法があります。

1:願望を明確にする
2:無視する

それぞれこういうイメージです。

1:願望を明確にする方法

本当に望むものを10個くらい書き出しましょう。

すると、自分が本当にやりたいことは、たった10個になります。

とてもシンプルですね。人生はこのためにある、と思ってもいいくらいになります。

2:無視する方法

願望に関わる事以外は無視して、願望に集中します。

例えば無視するのはこういうこと。

・重要じゃないLINEの通知
・YouTubeやネットサーフィン
・家族、同僚、友だちの小言

アリスベイリーという神智学者が、『グラマー-幻惑と錯覚の克服-』で「聖なる無関心」とも話している方法です。物質的な誘惑から無関心になると、インスピレーションが湧いてきます。願望の実現が進むように、宇宙が味方してくれます。

以上が、今に集中する2つの方法です。

やりたいことを現実にするには:今に集中

ということで、やりたいことを現実のものとするには、「今」に集中することが肝心です。

ついつい過去や未来のことを考えてしまいがちです。

でも、願望を明確にし、本当に必要ではないことを無視していけば、少しずつ「今」に集中できるようになります。願望も現実化していきます。

チャレンジして上手くいかなかったり、ブログの内容で質問があったら、LINEでメッセージください。ご相談は無料でのっています◎

前後の記事

PAGE TOP
TwitterFacebookLine
TwitterFacebookLine