欲か必要か

求めるものが欲か必要性かの区別

何かを意図して求めるとき、どこまでが欲で、どこまでが必要なのか。

その判断に迷うことは多くあり、自分がどこに向かっているのか、ゴールが見えなくて足を進める力が湧かなくなる事もあります。

道に迷ったときの光になれたらと思い、今気づいていることをシェアしたいと思います。

必要か欲かは「意志」によって決まる

意志とは?

今の金銭状況、人間関係、生活環境の制限を取り払って、やりたいと思えることが、意志と言えます。

その意志を現実にするものは「必要」なもので、それ以外は「欲」と考えられます。

意志より多くを望めば欲になりますし、意志に届かない現状に満足するのも一種の欲になります。

欲は多すぎても、少なすぎても良くなく、意志を成就するのにちょうどいいくらいが良いです。

隣の芝は青く見えると言いますが、自分の芝に集中するのが必要なことです。

これが自分の道を歩むことであり、本当に豊かな生き方だと思います。

何かを所有するということは、その何かに自分の心や現実的な行動を制限されるということ。

制限があるからこそ、物質として存在できるのですが。

その制限が自分の意図したものであれば、必要性を満たしてくれるので問題ありませんが、欲から来ていると不自由な感覚になると思います。

必要性より欲を選んでしまう例

よくあるパターンとして、お金がある方が選択肢が増えると思うかもしれませんが、お金を手にするために自分の意図する道から外れてしまうこともあります。

例えですが、釣りをして暮らしたいと思った人がいたとします。

その日暮しですが、日々釣りをして食いつないでいました。

そこへある人が来て「お金持ちになったら、もっと経済的な豊かさがあって、時間にも余裕が出来るよ」と言いました。

その人の話を聞いたその日暮しの人は、それから何十年も大好きだった釣をやめて、お金を稼いでリッチになりました。

そして経済と時間の余裕を手にした後、釣りだけをする暮らしに戻ります。

そう、ある人のアドバイスを聞く前の生活に戻ったのです。

本当に必要だったものは、すでに手に入っていたのに、道から外れてしまい、何十年もの間、自分の本当に必要なものから離れてしまい、不自由な暮らしを送った後、また自由な暮らしに戻ったのです。

大切なのは、自分自身を知ること。

自分は一体何者なのでしょう?

その気づきは、アデプトプログラムによって始まります。

本当に大切なものをしっかりと見つめて、毎日をもっと充実したものにするために、このメッセージがお役に立っていたら嬉しいです✤

あらゆる人生の問題を乗り越える知恵を伝える無料動画セミナーをプレゼント中*
LINEですぐ受取れます。初回限定で無料カウンセリングも受付中。
友だち追加
  •  ・愛し愛されて理想のパートナーと生きていきたい
  •  ・人に言えない恋愛やお金の悩みを抱えている
  •  ・自信が持てず、自分を認められない
  •  ・仕事でお金は稼げるけど、本当にやりたいことじゃない
  •  ・今の人生がこのまま続くなんて嫌だ、変わりたい
  •  ・自分の人生を生きていない気がする、自分は誰?

という思いをお持ちの方にオススメ

動画の内容

  • ① 家族・友人・恋人・職場の人間関係に左右されず、自分の軸を保つ発想法
  • ② 無理せず成就する恋愛・パートナーシップの秘訣
  • ③ スピリチュアルを本やブログや動画で学んでも人生が変わらない理由
  • ④ 今の人生を想像を超えたモノに変える〇〇〇〇
  • ⑤ スピリチュアル能力開花に必要な秘密
その他のプレゼント

1:カウンセリングを無料でプレゼント

60分の初回限定カウンセリングを無料でプレゼントしています。LINE通話で行います。

あなたが直面している問題についてぜひお尋ねください。タブーはありませんし、人に言えない悩みでも大丈夫です。

本来の自分らしく自由に生きるために、行動指針を一緒に創り上げましょう。

2:人生にすぐ役立つ知恵をお伝えします

LINEのメッセージでは、ブログやSNSに書ききれていない、具体的な目に見えない世界の学びの実践方法を凝縮してお伝えします。

私たちが人生の壁を乗り越えたポイントとなる、活きた知恵をシェアしていきます。

▽ LINEで受け取る ▽

友だち追加



▽ メールで受け取る ▽

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



愛に満たされた人生が始まる...
秘密のプログラム「アデプトプログラム」開催中

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP
TwitterFacebookLine
TwitterFacebookLine