ヒーリングとは何か

ヒーリングとは

ヒーリング(Healing)とは日本語で「治療・癒し」のことで、スピリチュアルヒーリングとは、スピリチュアルな手法で癒しをもたらすこと。

疲れたら温泉やマッサージなどに癒しを求めますけれど、それは対症療法的で疲れを生み出す原因は残ったままです。一方スピリチュアルヒーリングは、疲れの原因となる思考や感情に対しても癒しを行うのが特徴です。

その効果や種類などをご紹介します。

目次

スピリチュアルヒーリングとは何かの定義

ヒーリングの意味は、癒しや治療というものなので、スピリチュアルヒーリングはスピリチュアルなエネルギーを用いて癒しをもたらすということ。

まずはヒーリングで何が行われているかをご紹介します。

スピリチュアルヒーリングで扱う見えない領域

スピリチュアルヒーリングは、体に手をかざして行ったりします。「手かざし療法(ハンドヒーリング)」というヒーリング方法の一つです。

なぜ体に触れずに手をかざすだけでも良いのかというと、人間の持つ肉体以外の目に見えない体=オーラや氣などを扱っているからです。

ヒーリングの事例

ヒーリングをしてもらイメージとして、ヒーリングをする人(=ヒーラー)から癒してもらって良くなる、という印象が強いのですけれど、実際にはちょっとニュアンスが違います。

私はキリスト教徒ではないのですけれど、新約聖書にそのニュアンスが伝わる事例がありました。こういうものです。

12年間出血が止まらず、全財産を使ってお医者様にかかっても治らなかったひどく苦しんでいた女性がいました。

イエスが群衆にいることを知った彼女は、服に触れれば癒していただけると思って、後ろから服に触れたところ、たちどころに出血が止まり、病気が癒されました。

イエスはエネルギーが流れたのを感じ、「私の衣に触れたのは誰か?」と言うと女性は恐れて震えながら進み出てひれ伏し、事情を話しました。

そしてこう言いました。

あなたの信仰があなたを救った。
(引用元:新約聖書『マルコによる福音書 5-34』)

自分が自分を癒している

女性はイエスに癒していただけると思っていたのですが、実際に起きていたことは、その女性が本来の自分=元気で健康な自分を信じる心が自分自身を救ったのです。ただ、そうした信心を取り戻すために必要なエネルギーを、その女性自身は扱えなかったと思います。

例えば会社でいうと、求心力のある社長が来ると、その場が引き締まります。社員一人ひとりに、自分を引き締める潜在能力があるから、引き締められたと感じることが出来ます。けれど、社員が自分でその場を引き締めるオーラを出せるかと言えば、違いますよね。

これがイエスによってヒーリングが起きる時にも起きています。誰かを介在して、本来の自分の力を思い出したのですね。自分が良いエネルギーを受け入れることでヒーリングが起きたということは、自分が自分を癒したとも言えます。

ヒーリングの時の天使のサポート

サロンでヒーリングをしていると「白くてチカチカしたものが見えました、あれは天使ですか?」と聞かれることがあります。

おっしゃる通りで、正しくヒーリングをするとき、癒しを司る大天使ラファエルなどの天使がサポートすることがあります。天使だけじゃなくて、フェアリーが来たりもしますけれど。

やはり、スピリチュアルヒーリングは人間の力で行えるものではありません。人間の意志を鍛え、宇宙や大自然と同調することによって、人間の周りにあるポジティブなエネルギーの助けをもらって癒しを行っています。人間はそのエネルギーをこちらの世界に持ってくる回路のような役割をします。

光のマスターや神様はヒーリングを助けてくれるのか

天使に限らず、マスターたちも助けに入ってくれます。アスクレピウス、ユピテル、ジュピター、観音など、癒しや医療を司る神様・光のマスターもヒーリングをサポートすることがあります。

有名なヒーリング手法としては「レイキ」がありますが、レイキでは千手観音のサポートを得てヒーリングをします。ただし、大切なのはスピリチュアルな存在を意識するのではなく、目の前の癒しを必要とする人にヒーリングエネルギーを届けること。

それから、自分が人を癒しているのだと思わないこと。エゴをコントロールして、愛を持って人に接することが、ヒーリングの時に重要になります。

除霊などのお祓いとヒーリングの違い

両方ともスピリチュアルな領域ですが、払いと癒しは別物です。すごく良い雰囲気のレストランで食事をしているところをイメージしてみてください。突然、踊って叫び始めた人がいて、雰囲気を台無しにしてしまったとします。

その人を警備員がレストランから追い出すのが祓い。

良い雰囲気の中で美味しい食事をいただいてほっと一息つくのが癒しです。

本物のヒーリングと偽物のヒーリングの見分け方

なかなか見分けるのは難しいのですけれど、、、明らかに偽物でヒーリングしていないものもあります。偽物のヒーリングとは、ビジネス目的で作られたヒーリングなどですね。

本物かどうかを見分けるためには、自分自身を知って自分の変化を正確に見つめる事、それからヒーラーの言動や表現が良いと感じるかどうかをメインな基準にして良いと思います。

ヒーリング後の好転反応

好転反応もあります。体調面だけでなく、思考や感情面でも起きることがあります。

例えば、溜まっていた負の感情を癒すときが、すごーく嫌な感じがします。ほんとにヒーリングなの?!って思うこともあります。体から毒が出る時、毒が体を通って気持ち悪くなるのと似ていて、あまり気持ちの良いものではありません。

イライラしたり、悲しくなったり。でもその気持ちをくぐり抜けた後は、やっぱり晴れやかな気持ちになります。

ヒーリングが必要な時

例えば、怖い記憶があるわけでもないのに火など特定のものが怖い時や、何故かいつも同じ状況で決断が出来ない時。

他にもイライラして胃の調子が悪くなる時や、ストレスで胸が痛くなったり呼吸がしづらいと感じる時などがあります。

こうしたときにヒーリングが助けてくれます。

心という目に見えないところに原因があるのなら、目に見えないヒーリングという方法でアプローチするのは、原因と正面から向かい合う良い方法です。

ヒーリングとリラクゼーションの違い

リラクゼーションとヒーリングのどちらとも、心が癒やされるというところは同じです。違いは、受けた方が自分を受け止められるかどうかにあります。

リラクゼーションを受けると体が心地よく癒されます。

一方でヒーリングを受けると物事の見方が変わっていきます。

自分は大丈夫なんだと思えて来ます。

ここがリラクゼーションとヒーリングの差です。

ヒーリングと心理カウンセリングの違い

ストレスについては心理カウンセリングでも扱っています。

違いは明確で、気やオーラを扱うかどうかというところです。

心理カウンセリングは、心はもちろん顕在意識、潜在意識を扱うことがあります。

一方、ヒーリングでは話をして頭を使うことはなく、心、顕在意識、潜在意識などと関わる気やオーラなどスピリチュアルな領域を扱うことで心の健康を手にします。

また、スピリチュアル・ヒーリングが思考を越えた領域を扱うのも、一般的な心理カウンセリングとの違いです。

ヒーリングは思考を超える

人が考えられるものには限界があり、枠のようになっています。そのため、限界が広がった時には新たな気づきを得ます。

ヒーリングを行うヒーラーは、思考の枠組みの外にある領域にあるスピリチュアルエネルギーを扱います。思考が思考として形になる前には、オーラや四大元素やチャクラなどのスピリチュアルエネルギーが働いており、それらが思考を生み出しています。

そのため、スピリチュアル・ヒーラーは、思考が生まれる前に働いているスピリチュアルな感覚を察知できるように訓練が必要となります。

代表的な訓練の例は瞑想です。

ヒーリングの効果

ヒーリングを受けたものの効果を感じられない、まだ受けていないけれどハッキリとした効果を事前に知っておきたい、という方もいます。

ひとくくりにヒーリングと行っても様々な効果があります。

肉体への効果

病や体の不調が癒される効果です。腹痛が改善されたり、癌が癒されたという例も見聞きしますが、その効能を繰り返せるかどうかのエビデンス(証拠)が求められ、それがなければ医療行為としては認められません。

海外では、ヒーリングがエビデンスを提出して医療行為として認められている例もあるようです。

個人的な体験では、レイキによって自分の花粉症を軽減させたり、福島へボランティアに出かけた際に熱を出した友人にヒーリングでもって体調回復のサポートをした経験があり、ある程度の効果を実感しています。

ただし、心臓病などに対してヒーリングだけでは対処出来なかった経験もあります。確かに不調な時にヒーリングは助けになります。病気になったことで落ち込んだ気分が癒されますし、病になる原因となった生活習慣を作り出す思考に対してアプローチができます。

しかし、もう病気という形になってしまったならば、現実的な方法で癒すことも必要です。病気は体に症状として表れることで、日常の思考・行動パターンを見直すきっかけを作ってくれたとも考えられますので、現実的な対応と同時並行して、見直しも進めていくと良いと思います。

心への効果

心は様々なことで傷つきます。

仕事でのストレス、恋愛でのトラウマ、家族とのケンカ、大切な人や動物が亡くなってしまうことなどで、心に爪痕が残ります。

スピリチュアルな面では、過去世から引き継いだ心の傷もあります。

本当は仲良くしたいのに、ちょっとしたプライドや意見の相違で仲違いしてしまうことは、誰にでも起き得ることです。

時間が傷を癒してくれることもありますが、やはり根本的な解決にはヒーリングが効果的です。

母親を亡くした50代の女性

私がその女性にヒーリングをすると、涙を流し始めました。

終わった後に話を聞いていると、「母親が来て、私を許してくれました」と言ったのです。

女性は母親を確執があったまま亡くしてしまい、謝るにも謝れずに自分をずっと責めていたのです。

終わることがないように見えた心の痛みでしたが、ヒーリングを通して癒しが起きた一例です。

男性が怖かった30代女性

その女性はずっと男性への恐怖心を抱えていました。

暴力的な父親や、今まで付き合った男性からのイメージで、結局のところ男性は自分を傷つける人だから、自分の弱さは見せられないし、本音で語ることは出来ないと思っていたのです。

しかしヒーリングを通して、それが間違いだったということを認め、男性を恐れず本音で向き合う人生を歩み始めました。

仕事への不安を抱える40代男性

今のまま仕事をしていて良いのか、なかなか寝付けない日が続いていました。

家族はこのままで大丈夫なのか、けれど自分はこの仕事を続けていていいのか。

葛藤を抱えていましたが、ヒーリングを受けることで問題はクリアになり、解決へと至りました。

このように、心への効果が確認できています。

病は気からと言いますが、心の傷は放っておいたままにしておくと、病になることもあります。

ストレスが胃炎として現れたり、過去のトラウマからの力みで肩が凝り結果として肺が弱ることもあります。

自分の心を大切に、定期的にケアをしてあげましょう。

思考への効果

思考は疲れや現実面の問題を生み出す原因となっているので、スピリチュアルヒーリングで癒していきます。

本来の自分自身とは異なる思考をすることで、あるべき姿とは逆方向に進むエネルギーが働き、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態となるため、疲れの原因になります。また、不必要な思考は現実的な問題を作り出すこともあります。人間関係のもつれ、怒り、運気の停滞などなど。

思考が現実に与える影響はかなり強く、また自分自身の思考の全体像を管理するのは、とても難しいです。自分でないものを自分だと信じていることは日常茶飯事で、その状況でどれだけ知識を学んでも使いこなすことができませんし、肝心の重要な情報を受け取れないまま横流ししてしまいます。

スピリチュアルな本を読んだり、エネルギーワークを行っても効果を感じられないのは、これが主な原因です。

自分で手の届かない領域を癒すためには、本物のスピリチュアル・ヒーラーからヒーリングを受け、思考の詰まりを癒しましょう。私たちのサロンではDNAアクティベーションを一番最初におすすめしています。

なぜ効果があるのか

ヒーリングに効果が出たとき、特に肉体に効果が出ると、奇跡的な力が働いたかのように思えることもあります。爪の薄皮が向けてしまった方にヒーリングをさせていただいたとき、その痛みが消え去ったと言われたときは、自分でも奇跡が起きたかと思ったくらいです。

スピリチュアルなレベルから現実のレベルまで、物事が繋がっているため、スピリチュアルレベルでの癒しが起きると、現実的にも肉体が癒されるのだと実感しました。

けれど、癒しが起きるとそれくらいの変化が起きることもあるということです。ただし、だからといって緊急の際にハンドヒーリングは意味がまずないので、現実的な対処を行いましょう。例えば包丁で手を切ってしまったら、手をかざすのではなく、すぐさま止血するのが先決です。

また、食中毒になったら体内から毒をすべて出すために、水をたくさん飲んで吐き出してしまうのも必要です。ヒーリングですべてが奇跡的に解決するわけではないので、選択肢の一つとして持っておき、しかるべき対応は、しっかりと取るべきです。

スピリチュアル・ヒーリングで効果があるのは、スピリチュアルなレベルで本来の自分に触れるからです。私たちは日常生活を生きる中で、本当の自分らしい思考・言動・行動とは違ったことをせざるを得ないことが多々あります。

会社や社会で機能するためには、自分の欲求を我慢しないといけない時も少なくないです。すると、エネルギーは自分と離れていく方向に働き、徐々に私たちは私たち自身を忘れていきます。赤ちゃんで生まれたときは、言語というレベルを超えて理解していた自分自身を、少しずつ忘れていくのです。

小さい子ってすごくパワフルで元気ですよね。あのエネルギッシュな状態が癒された状態なのですが、それは本来の自分との繋がりがまだ強いからでしょう。大人になった私たちがエネルギッシュに喜びに満ちた日常を取り戻すには、自分自身を深く癒して、忘れてしまった本来の自分を取り戻していく必要があります。

効果が感じられない!

とはいえ、ヒーリング効果を感じられない方は少なくありません。私もそうでした。なぜかと言えば、日ごろ考えていること・感じていることが、本来の自分とあまり関係ないことをしているからなのですね。

私の経験では、アメトーーク!を見て笑い転げたりする自分は、実は世間的に良いと提示されるたものに、ただ反応していただけだったりしました。もちろん、そうした笑いが、本来の自分の表現と深く関わっているポイントもありますけれど、本当に笑いたいものに笑っているのか、ということも見つめる必要があります。

ぼーっと日常を過ごしていると、本当の自分ではない思考や感情を、本当の自分だと思ってしまっているのですね。無意識のうちに、見聞きした情報が正しいものだと思い込んでしまっている。この状況が、スピリチュアル・ヒーリングを感じづらくする原因でもあるし、癒すべきポイントでもあります。

ここから脱却するにつれて、効果を感じやすくなってきます。酔いが覚めていくような感じです。初めはあまり分からないかもしれませんが、DNAアクティベーションは3回くらい受けてみると良いと思います。私は理解が遅い方だったので、5回目くらいでやっと意味が分かってきました。。。学びのペースは人それぞれですね。

ヒーリングは目的を持って受けよう

何となくヒーリングを受けると、どのような効果があったのかわかりづらいことが往々にしてあります。このような時、ヒーリングは起きているのですが、気づけないということが起きてきます。

例えば、ヒーラーさんはヒーリングの交換をしたりします。私も名古屋にいたころ、友人ヒーラーと交換をしてました。練習のためなら良いのですけれど、ヒーリングを受けたいという目的だとしたら、ちょっと問題があるかもしれません。

ものごとにはやはり等価交換があります。出したエネルギーに対して、それ相応の対価が返ってきます。もし、ヒーリングをお金を出して受けるとしたら、交換する人から受けず、もっと熟練した人から受ける選択をとるのなら、自己評価が低いことになってしまいます。「私はこれくらいでいいや」という思考が、交換ヒーリングの行動の裏側に働いています。

それから、イベントで低価格のヒーリングを受け続けている場合や、モニター募集に応募し続ける場合も、同じ思考が働いています。すごいヒーリングが安く受けられてお得だな、と普通の思考なら思うのですが、低価格という事はそれなりのエネルギー交換になることも頭の隅に置いておいた方が良いでしょう。

ちょっと体験してみるためにはもちろんgoodです!初めから知らない世界に飛び込むのは勇気がいりますから。それは、ヒーリングで「癒される」ということ目的にかなった行動だと思います。

過去世など精妙な部分を癒している

過去世の影響は強くほとんどの場合は癒しが必要なのですが、普段の生活で過去世との関わりを明確に意識して生きている人はほとんどいないはずです。

  • 過去生で溺れた時があったから水が怖いんだ。
  • とにかく貧しい家庭で生きていて、いつも頑張らなければ行かなかった。だから私はついつい辛くても頑張ってしまう。

などに気づいていない場合は、何がヒーリングされたのか気づかないと思います。なので、そうした場合は現実を観察してみることをおすすめします。

ヒーリングは、何か新しい自分になるというよりも、本来のエネルギッシュな自分に戻っていくために行うものであることと、私たちの意識は変化してしまうと、それが当たり前だと感じるので、自分がどう変わったのかをなかなか体感しづらいという面もあります。

日記をつけていたりすると、自分の綴る言葉が変わってきたりするので、変化が分かりやすくなります。ヒーリングを受ける前と受けた後でどう変わったのか、自分で観察してみましょう。

受ける前に恐れていたこと、頻繁に起きていた出来事などを列挙してみて、受けた後にそれがどう変わるか見てみるなど。聞けるのであれば、率直にヒーラーにどのように変化したのか聞いてみるのも良いですね。

エゴに対してヒーリングが起きている

例えばお金が欲しい!という想いの裏側には、お金が足りない、という苦しさが心に溜まっていることが多いです。お金を得るにはその苦しい気持ちへの癒しが必要です。だいたいが感情的な問題で、論理的で冷静な思考が働いていないケースが多いです。

やっぱり人間なので好き嫌いがあります。例えば感情的になるのは好きだけど、論理的に考えるのは嫌い、だったりします。しかし、私たちが現実をどのように受け取ろうと、受け取らないでいようと、事実は変わりません。

頭で考えてばっかりで行動しなければ前に進みませんし、感情で動いてばかりでは、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、小さなことで一喜一憂していつまでも目的地にたどり着きません。

そうした偏ったエゴに対してヒーリングが起きた時も、自分の思考を管理していないと変化に気づきずらいので、効果を感じづらいパターンに入ります。

ヒーリングの種類

空前のスピリチュアルブームで、様々なヒーリング手法が開発されています。

私たちの東京都世田谷区にあるプライベートサロンでもヒーリングをしておりますが、世間には様々なヒーリングがあります。(※ヒーリングのページ

その数あるうちからいくつか紹介したいと思います。

ただし、大切なのはヒーラーがどのような意図・目的を持ってヒーリングに向かい合っているかどうかです。どれだけ優れたヒーリング手法であっても、ヒーラー自身の質が問われます。

バイオリンを始めて40年の熟練したバイオリニストが廉価のバイオリンで奏でる演奏と、バイオリンを始めたばかりの人が高級なストラディバリウスで奏でる演奏、どちらが良い演奏かといえば、熟練した方の奏でる演奏ですよね。それと同じです。

各種スピリチュアルヒーリング名

遠隔ヒーリング

また、ヒーリングには対面で癒しのエネルギーを送る物と、離れた場所にいる人に癒しのエネルギーを送る方法があり、「遠隔ヒーリング」と言います。

遠隔ヒーリングについては『遠隔ヒーリングとは』の記事で詳しくご紹介しております。

ヒーリングで病気を癒す

家族や友人の病気になってしまい、自分も何か力になりたいと思ってヒーリングを学ぼうと思われる方もいます。ただ、出来ることをしようという想いと裏腹に、本当にヒーリングで病気が癒されるのかという少しの不安も抱えているようです。私もそうでした。

ヒーリングは病を癒すオルタナティブな手段の一つですが、その可能性について見ていきたいと思います。

体の不調が起きる理由

病は気からと言いますが、多くの病気は気から起きると言われています。気を乱す原因のメインとなるのが、怒りと心配です。

現代社会は、怒りと心配に満ちています。満員電車、渋滞、やりたくない仕事、お金の不足感、自分自身が何者か、人生とは何なのかに関して無知なことからくる不安など。多大なストレスが常にかかっており、病気になるのも無理ありません。

西洋医学的なアプローチは、病気が症状に顕れたら、すぐに改善してくれるので非常に助かりますが、一方でスピリチュアルヒーリングのように根本的な原因にアプローチする方法も重要です。

どのように病が癒されるのか

ヒーリングを受ける人、これからヒーリングを学ぶ人にとって、どうやってヒーリングが起きるのかは気になるところかと思います。簡単に言えば、ヒーリングエネルギーを通して、怒りや心配の根本的な原因が解消され、本来の自分の状態になることで、癒されていきます。

ヒーリングの経過で何が起きたのか気になるのですけれど、なかなかそれは分からないことが多いです。

大天使の○○が来てどこどこをヒーリングしたのちに、エーテル体の○○の部分の歪みが矯正されて、それからマグネティックエネルギーのフィールドの右後ろ辺りにエルフのエネルギーが来て。。。というのを100%把握するのはできません。最低限、フォーカスするところにフォーカスしていきます。

リンゴを切るときに、37度ではなく35度の角度で包丁を入れて、包丁は2時間前に100回研いで、ひじの角度は。。。みたいに意識して切ったりはしないのと同じで、リンゴを切るときはリンゴを切るということにシンプルに集中すればよいのですね。切る経験が増えるうちに、言葉で説明できないような体感が出来上がってきます。ヒーリングもそれと似ています。

ヒーリングになぜお金を払うのか

ヒーリングを初めて知ったとき、どうして無料ではないのかと思ったことはないですか?私はありますし、人から言われたこともあります。宗教のように目に見えないことを無償で活動している団体もあって、それと同じようにヒーリングも無償で行うべきだと言う方もいます。

あるいは、ヒーラー自身がそう思っていて、なかなかお金を受け取れない、というメンタルブロックがあるケースもあります。きっても切り離せない関係にある、お金とスピリチュアルの関係の詳細を見ていきましょう。

なぜ無料じゃないの?

目に見えない通信料や電気代や知識であっても、目に見える家具やティッシュなどでも、お金を通して日々交換していますね。無料で得られるものは味見や体験する試供品などです。

何かを交換するのでお金が発生する、というシンプルな仕組みです。

なぜスピリチュアルヒーリングは高いのか?

スピリチュアルヒーリングって、ちょっと高いです。なぜか?と言えば、普通に暮らせば1年かかることを1か月くらいでクリアできるように変化していける可能性を秘めているからです。

私自身も、ヒーリングを受けていなければ気づけないようなことがたくさんありました。地球での人生は短いので、なぜ生きているのか?自分の役割は何なのか?という事が分かるように目を覚まして、人生を満喫するためには、スピリチュアルヒーリングが適しています。

自分の内面を見つめるサポートをしてくれる方法って、他にはあまりないんですね。なので、それ相応の価値があります。

金儲けじゃないの?

目に見えないことですし、そう思う方もいます。お金稼ぎでヒーリングしている人もいます。なので、ヒーラーの言動や雰囲気を自分で感じて、気に入ったのならその方からヒーリングを受けると良いと思います。

清貧、貧乏なほど霊的な格が高いのか?

マザーテレサやガンディーを見て、このように思う方が多いのかもしれませんけれど、貧乏だから聖なる人だ、ということではありませんし、ヒーラーだから神聖だということでもありません。誰でも神聖なのですけれど、それをどれだけ本気で、時間をかけて表現しているかどうかに違いが出てきます。

問題はお金持ちかどうかではなく、どんな意志でもって、何に集中して、どう時間を使っているか、ということが肝心なところです。

スピリチュアルヒーラーになるには

この記事を読んでいただけているあなたがヒーラーになりたいとすれば、きっと良い意志を持って本物のヒーラーになりたいと心で思っているはず。

ここでヒーラーになるための道筋を示していきます。

本物のヒーラーとは

クライアントが納得のいくヒーリングを出来る人です。

結果的にそのようなヒーラーであるためには、自然と日々の生活も変化してくるでしょう。

いつでも素晴らしいヒーリングを提供できるように、タバコやアルコールや肉食は避けた方が良いです。

規則正しい生活、瞑想、祈りの時間が日々の生活に入ってきます。

人を批判することをやめ、愛を持って接するようになります。

ヒーラーに求められる質

意識的にヒーリングが起こせるには、それなりのヒーラーとしての質が必要となります。

著名な形而上学者アリス・ベイリーの『秘教治療』で、それについて触れられているものを簡単にまとめます。

  • 魂として活動し、自分自身の魂と即座に繋がり、かつクライアントの魂と繋がれること。
  • 肉体ではなく、スピリチュアルな意志を動かすこと。アンタカラナの形成が始まっている必要がある。
  • テレパシックな関係を築けること。クライアントの思考と望みの段階を知れること。
  • 正確な知識。ヒーリングは神聖さへの強力なアファメーションや単に愛を注いだり、曖昧な神秘主義の表現から起きるものではない。繋がり、感覚、祈願、エーテル体の微細な機能を知ることでマスターされる。
  • クライアントの意識を反転させ、再方向づけし、高めること。
  • 必要な領域へと魂のエネルギーを向けること。サードアイがヒーリングフォースを方向付ける。
  • 磁気的な純粋さと、必要とされる光輝を表現すること。規律ある日常生活、純粋な生き方の習慣が必要となる。純粋さは不可避かつ自動的に光輝を生む。
  • 頭の機能の活動をコントロールすること。本物のヒーラーは頭のなかに磁気的な領域を構築する。それははっきりと認識できる光輝を通して頭そのものが体現される。(※仏陀の写真などを検索すると、頭の周りが光り輝いている画像が見つかると思います。)
  • 自分自身のエネルギーセンターに対する力。
  • 通俗的なものと秘教的なヒーリングのメソッドの両方を使う。基本的な医学的な方法と、スピリチュアルな方法を使う。骨折した人を癒すのにスピリチュアルヒーラーを呼ぶ必要は無い。
  • 磁気的に活動する。マグネティックエネルギーは手を通して流れる。これらの方法により、臨死の状態も癒され得る。従ってヒーラーの責任は重大である。
  • 光輝とともに活動する。クライアントの魂の人生に滋養を与えられる。手ではなくオーラを道具とする。
  • 常に無害でいる。落ち着いたポジティブな状態で、全てを包んだ見方をし、神聖さを理解している。どれだけのヒーラーがこの3つの質を兼ね備え、愛を通して働けているだろうか?
  • 意志をコントロールし、愛で行動すること。ヒーラーは意志としっかりと結びつけられているべき。これはもっとも開発が難しい質である。というのも、センチメンタルで神秘的なクライアントを愛する欲求が、かえって意志をしっかりと持つ努力を無に帰すことがあるから。よく覚えておいてください、スピリチュアルな意志は、静寂かつ深い力を持ったプールのよう体現されるべきということを。そして愛のエネルギーが示す全ての表現の後ろに、その力がある。
  • 命の法則を実際に使えること。これに関して言えることは少ない。

初め読んだときは難しくてチンプンカンプンだったのですけれど、アデプトプログラムを受けてから形而上学を知識としてだけでなく、経験としても学ぶことで、あぁーなるほどね、と意味が分かるようになってきました。ヒーリングのスキルを上げていくには、形而上学の学びがあることも、かなり強いサポートになります。

ヒーラーになるトレーニング

もちろん、こうしたヒーラーとなるために修行をする道もあります。必要なものは、ヒーラーになりたいという意志、誰かの役に立とうとする良い意志です。

それさえ持ち続けていれば、本物のヒーラーになるためにやるべきことを一つ一つこなしていけて、どんどん良いヒーラーになって行けると思います!

私はこうやってブログを書いていますけれど、ヒーラーというのは指導者ではありません。人を指導するのではなくて、人の可能性を見出し信頼して、自由にさせることが仕事です。

なので、DNAアクティベーションがそうなように、言葉を通じてアレコレとアドバイスする必要はないのですね。言葉で理解することも大切ですけれど、一つの言葉の受け取り方は、千人入れば千通りの受け取り方が生まれます。

なので、言葉や論理を超えた世界と繋がって、ヒーラーは仕事をした方が良いと思っています。工場で機械を作るように、何かを生み出す型があってそれを真似すれば上手くいく、という訳にはいきません。人間は生き物ですから。自分を信じてもらおうとしたり、自分の理解したことを分かってもらおうとしなくていいんです。

自分が見つけた光を、自分の選んだ表現方法で人に放って、それを見て自分のところに引き寄せられてきたご縁のある方に、その時、瞬間に出来る最高のヒーリングをすることが肝心な事でしょう。

ついつい、ちょっと学びが進むと自分が理解したことを人も分かれば上手くいく、と思いがちですが、それは効率重視の資本主義的な考え方であって、もっと私たちは自由でいいんじゃないでしょうか。

そういった精妙なバランスの上を踏み外さずに歩くように、24時間365日、上は宇宙の中心から下は地球の目の前の現実世界まで、意識を四方八方に巡らせ続けるのが、本物のヒーラーになる日々の基礎訓練だと思っています。

まとめ

ヒーリングとは癒しのことです。

スピリチュアルヒーリングも同じくヒーリングであり、曖昧なものではなく人に癒しをもたらす素晴らしいツールです。

ここまで読んだあなたは、スピリチュアルヒーリングの可能性に気づけているのではないでしょうか。

ぜひヒーリングを人生に取り入れてみてください。

*無料メールセミナーの登録*
『本当の自分を取り戻す
現実的スピリチュアルで人生改革』

スピリチュアルを現実的に活かす方法をお届けする、無料メールセミナーです。

 ・スピリチュアルってどう活かすの?
 ・ソウルメイトと出会うには?
 ・本当の自分で生きるには?

などの情報を、日々のメールと、その時の流れに沿った不定期のメールでお受け取りいただけます。

メールをお受け取りの方は、スピリチュアルなご質問も受け付けています*

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



お名前
メールアドレス




▽ LINE@ ▽

ラインで質問を送っていただければ、現実的にスピリチュアルを活かしていく方法をお答えします★

その時の流れに沿った不定期のメールやセミナー、ブログ更新情報もいち早く受け取れます*

友だち追加


他のヒーリングの記事

ヒーリングの記事一覧を見る »

全てのカテゴリを見る »

[定期開催]瞑想会のご案内

瞑想

@東京都世田谷区用賀

毎週金曜 19:00-21:00

  • > ストレスや疲労感の解放
  • > 思考と心の整理
  • > 新たな気づきを得る

ホッと落ち着く穏やかな ひと時を過ごしませんか?

参加費:2,000円

場所:東京都世田谷区某所(プライベートな場所のため、お申込み頂いた方にお伝えしております。)

お申込みはこちら

SNS

▽ FaceBook □ベールの新聞的□

▽ twitter □日頃のつぶやき□

人生を創り変えるセミナー

ネットで探せない自分を変える本質的セミナー!
アデプト・プログラム

望まない生き方を手放し、自分らしい人生を創り始めませんか?

知識や情報を学ぶだけではない、本当の自分を知り、自分を変えていく2日間。

アデプト・プログラムの詳細

サロンの紹介

東京都世田谷区にあるプライベートサロンで、ヒーリングやセミナーを夫婦で行っています。