瞑想の危険性と安全な瞑想法

瞑想の危険性と安全な瞑想法

ヒロノブです。瞑想が危険な理由は、間違って行うとエゴを強めてしまうこと。瞑想を11年続けるかたわら、瞑想会も開催して10年ほどになりますが、間違った瞑想法を続けて危険な方向に進む方もいらっしゃいました。

間違ってエゴを強めると何が危険で、安全に瞑想するにはどうしたらいいか、シェアしていきます。

瞑想で生まれる危険:エゴの強化

エゴが強くなると、正しく物事を見れなくなり、人生に起きる出来事に振り回される被害者になってしまいます。

ありがちな失敗例は、イメージングばかりで、雑念を流していないことが多いです。

僕自身もそういった間違った瞑想をしたことがあります。間違っていると、「すごく大きな宇宙の全体像が見えました。」といった神秘体験で感動したりします。でもこれって自分一人の主観的な意見で、危険と隣り合わせです。

「特別でありたい」「人より優れていたい」という承認欲求に基づくエゴを強め、自由な人生から遠ざかるので危険です。

手順を追って正しく瞑想することで、安全に瞑想のメリットを受け取ることが出来ます。

安全に瞑想するには?

安全に瞑想するために必要なことは以下の通りです。

・瞑想する場所・環境を整える
・リラックスできる音楽を用意する
・リラックスできる香りを焚く
・体をゆるめよう
・姿勢に気を付ける
・楽な呼吸
・順を追って瞑想する(リラックス → 流出 → 流入 → 誘導瞑想、観想 → 全託)

この方法で瞑想会を開催していると、みなさん安全に瞑想を楽しんでいただけます。具体的な内容は『瞑想のやり方&必要な準備と知識/全てまとめました【保存版】』で全て公開しています。

まとめ

瞑想は、我流で行うと危険がありますが、正しく安全に行えば、とても人生を良くしてくれます。

ぜひ安全に正しい手順で瞑想を楽しんでいただけたら嬉しいです。

前後の記事

PAGE TOP
TwitterFacebookLine
TwitterFacebookLine