瞑想のやり方と効果のまとめ

瞑想 やり方 簡単

瞑想をしたいけれどやり方がわからない、自分でやってみたけど1分しないうちに飽きてしまった。瞑想をし始めた僕の心の声ですが、同じような事を思っている方もいると思います。

そこで、瞑想で得られる効果とやり方を、できるだけ詳しくまとめてみました。サロンで開催する瞑想会には初心者の方も多いのですが、1時間ほどの瞑想を苦もなくリラックスして体験されているやり方です。

瞑想が上手くいっているかのチェックや目標として、その効果もご紹介していきます。

日常に瞑想を取り入れ、生活の質を向上させる役に立てていただけたら嬉しいです。

目次

瞑想で得られる効果

瞑想の効果を一言で言えば、「自分らしさを取り戻すこと」で、瞑想の唯一の目的と言っても良いかもしれません。

自分らしさを見失ってしまうような、無意識のうちに抱えている不安や、行き過ぎた欲望を落ち着かせていく効果があります。

  • お金の不安
  • 恋人関係の不安
  • 健康面の不安
  • 将来への漠然とした不安
  • お金を稼がないと良い暮らしが出来ないと思う欲望
  • パートナーを手に入れるために無暗に頑張る欲望…

不安と欲望で頭が一杯になると、永遠に解決しない問題解決のイタチゴッコが始まり、いつまでたっても安心できず、自分のペースで日々を生きる事がドンドン難しくなってしまいます。

瞑想はそんな空回りのループから抜け出す効果があります。

成功者がこの効果を知っていると思える例もあります。イチローや松下幸之助が瞑想を習慣としていたり、サッカーのFIFA本部の地下には瞑想ルームがあるほど。

マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の共同研究では、8週間以上定期的な瞑想をした瞑想習慣のついた人は精神的な苦痛を和らげ安くなっていた、という研究結果があり、また他の研究機関でも瞑想の科学的効果は検証されているほど、世界で瞑想は注目されています。

自分らしさを取り戻すには、自分らしさを失ってしまった道のりを知っておくことも大切です。きっとこのブログを見て瞑想を初めてみると思うのですが、来た道を帰るためには、どこから来たのか覚えておかないと道に迷ってしまうかもしれません。

自分らしさを失うプロセス

私たちは、社会に生きる上で”仮面”をつけていると考えられます。例えば「私は保険の営業です」という職業の仮面。「仮面=自分」ではないのですが、長い間仮面を付けていると「仮面=自分」と錯覚が始まっていきます。

オンとオフを切り替えていると思うので、日々の思考回路が全部保険の営業脳になるまではいかないはずです。けれど、「あなた何やってる人なの?」と聞かれると反射的に職業を答えてしまう。

本来なら自分がやりたいことが人生の中心にあってもいいはずなのに、仮面として付けているものが、いつの間にか人生の中心に居座っている。仮面を付け続けるために、多大な時間とエネルギーを使っている。気づけば本当の自分が人生の隅っこで、小さく足を折りたたんで座っているような状況になっている。

そんな流れで自分らしさを失ってしまったりします。自分を失う時は、多くの場合共通した常識を持っています。

  • 誰かが正解を知っている
  • お金がないと○○出来ない

日々頭に入ってくる情報の蓄積が、こういった常識を作り出しているケースが多いです。

そういった常識・錯覚・思い込みに気づいて、「本当の自分を取り戻していくこと」が瞑想の効果であり目的です。

じゃあなんで瞑想でそんなことが出来るの?ということになります。

なぜ瞑想に効果があるのか

瞑想はイメージングと違い、何も考えない時間を過ごします。ここに、瞑想で常識や思い込みに気づき自分を取り戻すポイントがあります。

アインシュタインが、”いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。”と言っているように、常識を元に動いている意識(思考回路)で生み出された問題を解決するためには、常識を元に動かない意識(思考回路)に切り替えればよいのですね。

その切替のために、瞑想では雑念を流し、何も考えない静寂の状態を頭の中に生み出します。

すると頭の中からは過去の常識や思い込みが消え去るので、思考回路が切り替えられる可能性が生まれ、効果が出てくるというわけです。

では、具体的な効果の例をいくつかご紹介します。

瞑想の効果16例

具体的な効果16例

瞑想をすることで得られる具体的な効果の例を16個リストアップしました。瞑想が上手くいってるかどうかの目安に見ていただければと思います。

1.心の落ち着きが得られる

抱えている不安・怒り・恨みなど心の乱れが軽くなっていきます。

無意識のうちに自分を被害者のように扱っていたことに気づくことも。

2.独創的・クリエイティブになる

瞑想によって常識から解放されることで、業界の型にはまった考え方から少しずつ離れ、独創的な発想が生まれてきます。

周りの人に合わせて自分の気持ちを心の奥に閉まっておくことが減り、思ったことを自分の視点で表現できるようになり、周りの人とって刺激的な人物と変化してきます。

3.体調の改善

病は気からとも言うように、瞑想によって体の気が整えられ不調が改善するケースもあります。必ず治るという訳ではなく、あくまで個人的な経験によるものですが、瞑想をした結果体調が良くなる事もあるということです。

例を挙げると、ストレスがかかると胃がキリキリと痛むのは、その逆パターンです。体調は問題ないのに気が滅入って体にも不調が現れて来てます。気分の持ちようで病気になるのなら、その逆で病気が良くなることもあり得るという事でしょう。

瞑想をして気を落ち着け、内臓が休まることで血流が良くなり自己治癒力が向上するようにも感じています。

4.慌てなくなる

問題や想定外の事が起こった時に冷静に対処できるようになります。

人見知りの人はおさまってきて、お茶をこぼしてしまった時や、憧れの人に会った時、偉い先生を前にした時などの緊張するシーンでも落ち着いて対応出来るようになってきます。

5.本当に好きなことがわかり始める

瞑想で今までの常識にとらわれた思考回路を手放すことで、新しい自分を発見し、本当に好きな事が分かってきます。

そつなくこなせるけれど本当に楽しいか分からない、という状況から脱却していきます。

6.ストレスが減る

不満やイライラは、感情(右脳)や思考(左脳)のどちらかに偏っていると溜まりやすくなります。

瞑想で思考と感情のバランスが整うことで、ストレスが軽減され、幸福感が増してきます。

7.集中力が長持ちするようになる

仕事をする時によくあるのは、前のめりに力んで集中する働き方。瞬発力はあるのですが、いつか疲れてしまい反動も大きいです。

瞑想をすることで心身に入っている力を緩められるようになるので、リラックスして集中力を長く持続できるようになります。

8.物事を俯瞰できるようになる

目先のことだけでなく大局的に物事を捉えられるようになり、目的意識が芽生えてきます。

恋愛においても仕事においても短期的に良い事だけではなく、長い目で見てより良い未来に繋がる選択肢が頭に浮かぶようになります。

9.優しい言動が取れるようになる

心が平穏になり相手の気持ちを考える余裕が生まれ、優しい言動が増えてきます。

10.判断力・決断力が向上する

判断しかねるような迷いが生まれる時は、常識と本心に葛藤が生まれているのですが、瞑想をすると判断・決断力が向上します。

上手くいく/いかないという事よりも、自分の意志で選択することで成功は喜び、失敗からは学びを得るようになっていきます。

経営者が瞑想を行うのは、この効果を十分に体感しているからかもしれません。

11.眠っていた才能の開花

瞑想で心を鎮め静寂の状態になると、やりたいと思っていたことをやるようになったり、実は得意だったけれど避けていたことに取り組み始めるといった変化が現れます。

例えばお金を理由に取り組んでいなかったことがあるかもしれませんが、瞑想によって自分を縛っていたものから解放されることで、才能に目覚めていきます。

12.悪癖の減少

誰しも悪い癖を持っています。詰めが甘い、手癖が悪い、優柔不断、アレもコレも手を出してしまうなど。

こういった癖が落ち着いてきます。

13.前向きになる

周りの意見に左右されて、それにそぐわない自分を否定してしまっていたかもしれませんが、その束縛から解放されて前向きになります。

痩せすぎ、太りすぎなどはよく気にされることですけれど、そういった世間の常識的な価値観から解放されて、自分らしく前向きに生きるようになったりします。

14.気づきを得る

今まで常識に沿って考えていた思考回路が、本来の自分の意志で動くようになってくるので、意志を現実化するために必要な事に気づきやすくなります。

15.直観が冴えインスピレーションが湧き始める

何の脈絡もなく何かをしようと思ったり、何かが気になって仕方なくなる時ばど、頭で考えられる範囲を超えて、閃きや直観を受け取る事も増えてきます。

16.影響されにくくなり、影響する側になる

瞑想で揺るぎ無い自分自身の拠り所を知ると、誰かの意見に一喜一憂したり大きく人の意見に流されることが減ってきます。

逆に、自分自身が良い影響を及ぼしていく立場になってくるでしょう。

瞑想の効果の紹介はここまでです。

ここからは瞑想のやり方について紹介していきます。

姿勢

瞑想の姿勢については少し長くなりますので、『瞑想の4つの姿勢と座り方【体の各部ポイント・体調別の工夫】』にまとめました。

ここでは軽くさらっと紹介していきます。

まずは姿勢です。瞑想はあぐらや座禅を組んで行うものというイメージが強いですが、初めのうちは無理に足を組む必要はありません。

後ほど様々な瞑想の姿勢をご紹介しますので、楽だと思える姿勢で行ってみましょう。

しかし、そもそも体が歪んでいると、座るのさえままならないのです!

旦那の方は、姿勢が悪かったので、長く座っていられませんでした。学校や会社の椅子でもモゾモゾしてしまいます。お尻が痛くなったり、腰が痛くなったり。

そんな方もいらっしゃると思いますので、まずは姿勢がつらい時にどうしたら良いかをご説明します。

元々からだに問題がない方は、飛ばして次の「様々な姿勢」をご覧ください。

姿勢がつらい場合

「坐法(ざほう)」といって、あぐらや正座など、座り方一つをとっても様々な姿勢がありますが、1つの姿勢を楽に続けるためには、体のコリをほぐす必要があります。

ほぐし方

ほぐし方1:太極拳

ゆっくりと体を伸ばすことが出来るのでお勧めです。ラジオ体操でも良いですが、太極拳は気の巡りも良くなりますし、瞑想の姿勢も良くなるので一石二鳥です。

ほぐし方2:青竹踏み

RICAさん(@rica.0203)がシェアした投稿

ゆっくりじわ〜っと、数分数カ所やってみてください。私の経験では、足をほぐすと、体の他の部位もほぐれやすくなり、座りやすくなりました。

竹枕も良いですね。首のコリは背中へと繋がっているようです。

ほぐし方3:整体

カイロプラクティックなど。私は右足を上にしたあぐらしか組めなかったのですが、八王子にてカイロプラクティックの施術をしてもらったところ、左足を上に足を組むことが出来ました。

近所にオススメの方がいたら、一度行ってみると、座りやすくなるかもしれません。

足の組み方

床に座って足を伸ばしきっている場合、足をクロスさせるのは出来るだけ控えましょう。

椅子に座っている時は、足を組むことはやめましょう。足の平をなるべく地面につけるようにします。

あぐらをかく場合、足を圧迫しなにように、どちらかの足が、もう一方の足の上や下に乗っからないようにすると、足の重たさが瞑想中に気になりづらくなります。上下に重なるのではなく前後に足がある状態になります。

この記事の目次の上に載せた写真のように、足の平が天上を向くような足の組み方は、足を強く圧迫するので初めは控えましょう。

手の置き方

手の平を下向きにすると、背中が丸まりやすくなってしまいますので、手の平を上に向けて膝の上に置きます。

膝の上においていて膝が痛くなってきたら、床の上においても構いません。

慣れてきたら、両手のひらを重ねて置いたり、拳を作ったり、合唱したりする方法を試してみると良いと思います。

指は、初めのうちは力を抜いたまま広げておくと良いです。慣れてきたら親指と人差し指で輪っかを作って瞑想をする方法や、「印(いん)」を作って瞑想をする方法もあります。

瞑想時間の目安

瞑想時間の理想は何分くらいか尋ねられて、お答えする理想の時間は1日2時間です(長い!)。

修行する身の人ならともかく、社会で生きる人が瞑想のために2時間を確保するのは難しいことです。まずは1分から始めてみましょう。もう少しやりたいな、と思えたら5分、10分と増やしていくと良いです。

なるべくハードルを低くして、時間の長短に一喜一憂しないようにします。

集中力が途切れたらそこでその日の瞑想はおしまい、としましょう。目標の時間まで続けることにムズムズ・イライラしてしまうのなら、一旦切り上げたほうが良いです。

瞑想は習慣になってくると徐々に効果が現れることが、MITの研究で発表されていました。寝る前や朝起きた時、仕事中のリフレッシュタイムなど、細切れの時間で瞑想をするというのも有効なやり方です。

瞑想の時間については詳しく別のブログでまとめています。

瞑想の効果が高く集中しやすい時間帯

朝の瞑想が1日の質を高める!得られる効果とオススメのやり方

瞑想の時間の長さ別*得られる効果まとめ〈数秒〜2時間以上〉

瞑想する場所・環境

瞑想 場所

瞑想に適した場所や環境もありますが、

完璧な環境を用意するのは難しいので、これからご紹介する内容を、その時にできる分だけ取り入れてみてください。

まず、プライベートが確保できていて、途中で誰かから連絡が来ない環境を作ります。

携帯電話の音やバイブレーションはオフ。着信の時に携帯が光って気になってしまうことのないようにします。

家族がいる場合は瞑想をしている旨を伝えて、そっとしておいてもらうように伝えておきましょう。「ご飯だよ!」とか「洗濯物閉まって!」という事に対応できない時間があることを、分かってもらいます。

目に見えない内面的なことには距離を置く家族もいるかもしれませんが、いきなり部屋に入ってきて驚かせてしまうよりは、事前に伝えておくほうが良いでしょう。

犬や猫がいる場合は、彼女/彼らが部屋に出入りしたがらないタイミングを見計らいましょう。

屋内だけでなく、野外での瞑想も有効です。砂浜で海の音を感じながら瞑想したり、森で鳥の声や葉擦れの音を聞きながらや、夜の星明かりを感じながらの瞑想は、リラックス効果が大きいです。

しかし、これだけ整った環境を用意するのは簡単ではありません。例えば職場で少し瞑想したい時に、静かな場所を確保するのは難しいですが、実際に瞑想を活用できます。

例えば仕事中にリフレッシュしたいときや、煮詰まった時、判断に迷った時など。目を閉じてほんの少しの時間で瞑想してみます。スポーツ選手や武道家が、試合前に目を閉じて精神統一やイメージングをするような雰囲気に似ています。

このように、瞑想の環境は臨機応変に対応していきましょう。整った環境で瞑想した経験があると、その感覚を思い出しやすくなるので、少し手間かもしれませんが、一度は環境を整えて瞑想してみることオススメします。

また、瞑想に集中できるような音楽や香りもありますので、活用しましょう。

瞑想用の音楽

気に入った音楽ならなんでも良いのですが、少しご紹介します。

職場だとイヤフォンで聞くこともあるかもしれません。

瞑想用の香り

お香はナグチャンパ、チャンダン、お線香など。

精油(アロマ)をブレンドして、ディフューザーで好きな香りを焚いて瞑想をするのも心地よいです。

落ち着けるポジティブな環境を選ぶ

瞑想をする環境は出来るだけポジティブなものにしましょう。感情や思考は、ネガティブな環境ではネガティブなものになりがちだからです。

ポジティブな場所で行うことで、良い瞑想を行う事ができるのです。

仕事のことや家事のこと、人間関係のトラブルが気になってしまいやすい環境では瞑想が難しいので、初めのうちは仕事や人間関係と切り離された環境で行うと、良い瞑想がしやすくなります。

自然の中、自分の部屋、ちょっと旅行した先の旅館、瞑想会を開催しているサロンなどです。

瞑想時の服装

体を締め付けずにゆったりとしたものが望ましいです。体に圧力がかかるとその部分が緊張してしまい、体と心は繋がっているため心も緊張してしまいます。

瞑想にはリラックスが大切ですので、スキニーパンツなどサイズがタイトで体を締め付けるものは控えましょう。

またアクセサリーなどもしていて気になるようでしたら、外しましょう。

瞑想の呼吸方法

瞑想 呼吸 やり方

呼吸に集中するのが、初めて瞑想をしていく時にはメインの瞑想法になります。

鼻から吸って口から吐くが基本です。5つ数えて鼻から息を吸い、5つ数えて口から息を吐いてみます。

息を吸う時間と吐く時間を比べると、普段は吐く時間のほうが長くないでしょうか。ストレスや緊張がかかると、吐く時間のほうが長くなると思います。呼吸のリズムを意識して均等にする瞑想をすることで、リラックス効果が生まれます。

なるべくゆったりとした呼吸を心がけますが、苦しくない範囲で呼吸することが大切です。腹式呼吸や胸式呼吸を初めから意識する必要はありません。

呼吸は瞑想の基本であり、それだけでも随分リフレッシュできます。

瞑想の呼吸方法を詳しくまとめまた記事がありますので、呼吸がいまいちつかめない方は必見です。

呼吸が出来てきたら、様々な瞑想に取り組んでみます。

瞑想の危険について

瞑想の危険性について、様々な情報が集められています。

神秘体験を求め過ぎたり、考えすぎてネガティブになってしまったりすることもあります。

瞑想にまつわる危険と回避策をまとめましたので、ご覧ください。

瞑想が危険と言われる理由とその回避策

様々な種類の瞑想

瞑想 種類

様々な名前のついた瞑想がありますが、大きく分けて2種類の瞑想があります。

静的時間と動的瞑想です。

静的な瞑想は何も考えない無に入っていく瞑想で、動的な瞑想はイメージをしたり思考を巡らせる瞑想です。

誘導瞑想とは瞑想を指導する方がイメージを伝えたり、シンギングボールで音を出すなど瞑想がしやすい状況を整えていくもので、動的瞑想の一種です。

瞑想の方法・メソッド

瞑想には様々な手法が存在します。

そのどれが良い・悪いというものではなく、瞑想という目的を達成するための手段がいろいろあるということです。

これが唯一の正しい瞑想の方法・メソッドです、というものはありません。

重要なのは方法・メソッドではなく、瞑想状態になれるかどうかです。どんなに高性能なパソコンを渡されても、プログラマではない人がamazonのようなウェブサイトを作れないように、どんなに良いメソッドであっても、使いこなすにはその人自身が成長している必要があるのです。

基礎となるのは、既にご紹介した、楽に座り続けられることと、楽な呼吸ができることです。

そうした前提を下に、様々な方法・メソッドをご紹介させていただきます。

トンレン瞑想(ダライ・ラマ14世の瞑想)

苦しんでいる人のことをイメージし、その人の苦しみがなくなるように、その苦しさを吸い取り、自分の中で愛に変換して、その人に送り返す瞑想法です。

この瞑想法は、天皇陛下が四方拝の儀式においてなされる祈りの内容と非常に似ています。平安時代の「内裏儀式」によると以下のとおりだそうです。

賊冦之中過度我身(ぞくこうしちゅうかどがしん)
毒魔之中過度我身(どくましちゅうかどがしん)
毒氣之中過度我身(どくけしちゅうかどがしん)
毀厄之中過度我身(きやくしちゅうかどがしん)
五急六害之中過度我身(ごきろくがいしちゅうかどがしん)
五兵六舌之中過度我身(ごひょうくぜつしちゅうかどがしん)
厭魅之中過度我身(えんみじゅそしちゅうかどがしん)
百病除癒(ひゃくびょうじょゆ)
所欲随心(しょよくずいしん)
急急如律令(きゅうきゅうにょりつりょう)

その内容とは「さまざまな国難・国民の苦しみが、わが身を通過し、悟りへと至りますように。」というものです。

非常にシンプルかつパワフルです。

詳細は「こちらの動画」をご覧ください。

超越瞑想

キャメロン・ディアス、ケイティ・ペリー、ポール・マッカートニーなどが実践したことのある瞑想法です。

マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー氏が生み出しました。

詳細は「超越瞑想」のページをご覧ください。

Max Meditation System™

当サロンでも扱っている瞑想法。

グッドニー・グドナソン氏が、初めて瞑想をする人でも本格的な瞑想を体験できるように編み出した手法です。

ヴィパッサナー瞑想

ヴィパッサナーとは、ものごとをありのままに見る、ということ。仏陀の説かれた八正道の中の「正見」を行うものです。

日本国内では、合宿コースを通じてこの瞑想を体験できます。

このコースは寄付のみで運営されているため、合宿の参加費用は食費、宿泊費を含めて、一切請求されていません。実際に私の友人が言った時も、費用は請求されず、自ら金額を決めて寄付していました。

詳細は「日本ヴィパッサナー協会」のページをご覧ください。

サマタ瞑想

ヴィパッサナー瞑想と比較されることが多い瞑想で、ヴィパッサナーが「観」であるのに対して、サマタ瞑想は「止」の瞑想です。

止観とは、仏教の概念で、「止:心の動きを止めること」、「観:物事を正しく見ること」のことです。

サマタ瞑想は、「止」の瞑想ですので、例えば特定の空間だけに集中し、心の動きを止めるなどの瞑想で、無、ヴォイド、三昧(別名:三摩提.三摩,サマディ)などと呼ばれる境地へ戻っていく瞑想です。

トラタック瞑想

サンスクリット語「トラタカ(त्राटक , Trataka)」という言葉からついた瞑想の名前。

「凝視する」という意味で、そのとおりにキャンドルや壁面の一点など特定の空間をまばたきせず、涙が流れるまで凝視し続ける瞑想です。

松果体が刺激され、集中力を向上させる効果があると言われています。

一点を見つめ続けるということで、古いうら内の方法であるスクライング(水晶を見つめる手法)に似ています。

また、瞑想の手法としてはサマタ瞑想に似ている所があります。

マインドフルネス

Googleでも取り入れられている瞑想法です。

正確にはマインドフルネスストレス低減法といって心理学的治療の一つだそうです。

オフィシャルウェブサイトが見つけられず、参考までに「東京マインドフルネスセンター」のページをご紹介させていただきます。

チャクラ瞑想

7つのチャクラについて観察し瞑想する方法です。

チャクラについては『チャクラとは?』の記事をご覧ください。

カバラ瞑想

万物を照応する”・カバラ(生命の樹)”について瞑想をします。

カバラについては『カバラ(生命の樹)とは何か?神秘入門』を御覧ください。

クンダリーニ瞑想

クンダリーニを呼び覚まし、活性化する方法です。

タロット瞑想

タロットカードを観察し、それについて瞑想します。

大アルカナ・小アルカナの地球的な意味・宇宙的な意味などを瞑想によって知ります。

アストロロジカル瞑想

7つの惑星(土星・木星・火星・太陽・金星・水星・月)と黄道十二宮について瞑想をします。

また、天王星・海王星・冥王星や、構成、太陽系より遠くにある銀河についても瞑想をします。

天体が、私達の日常生活にどのような影響を与えているのかを感じ取ります。

占星術師ならば行っておきたい瞑想です。

空を眺めたり、星を眺める瞑想とも似ています。

まとめ

これまで瞑想のやり方として基本をお伝えしましたが、一番大切なことは瞑想をして平穏な心の状態になり、ほっと落ち着けること。スッキリした感じや、ポジティブになった感じになるということ。

細部にこだわらず、できるところから自分のペースで取り組んでいただけたらと思います。

瞑想会のご案内

瞑想

@東京都世田谷区用賀

新月・満月・随時開催

  • > ストレスや疲労感の解放
  • > 思考と心の整理
  • > 新たな気づきを得る

ホッと落ち着く穏やかな ひと時を過ごしませんか?

参加費:1,000円

時間:2時間を目安

場所:東京都世田谷区某所(プライベートな場所のため、お申込み頂いた方にお伝えしております。)

詳細はこちら

潜在能力を開花しませんか
本来の自分を発揮し始めるスピリチュアル・ヒーリング「DNAアクティベーション」を東京世田谷のサロンで行っています。
詳しくはこちら

*無料メールセミナーの登録*
『本当の自分を取り戻す
現実的スピリチュアルで人生改革』

スピリチュアルを現実的に活かす方法をお届けする、無料メールセミナーです。

 ・スピリチュアルってどう活かすの?
 ・ソウルメイトと出会うには?
 ・本当の自分で生きるには?

などの情報を、日々のメールと、その時の流れに沿った不定期のメールでお受け取りいただけます。

メールをお受け取りの方は、スピリチュアルなご質問も受け付けています*

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



お名前
メールアドレス




▽ LINE@ ▽

ラインで質問を送っていただければ、現実的にスピリチュアルを活かしていく方法をお答えします★

その時の流れに沿った不定期のメールやセミナー、ブログ更新情報もいち早く受け取れます*

友だち追加


他の瞑想の記事

瞑想の記事一覧を見る »

全てのカテゴリを見る »

SNS

▽ FaceBook □ベールの新聞的□

▽ twitter □日頃のつぶやき□

人生を創り変えるセミナー

ネットで探せない自分を変える本質的セミナー!
アデプト・プログラム

望まない生き方を手放し、自分らしい人生を創り始めませんか?

知識や情報を学ぶだけではない、本当の自分を知り、自分を変えていく2日間。

アデプト・プログラムの詳細

サロンの紹介

東京都世田谷区にあるプライベートサロンで、ヒーリングやセミナーを夫婦で行っています。