スピリチュアルは信じる必要がない/事実を受け入れよう

ヒロノブです。

スピリチュアルって初めは半信半疑。だけど興味があるから、学んだりヒーリングを受けてみて、11年が経ちました。

その結果、スピリチュアルは信じる必要がなく、事実を受け入れれば上手くいくのだと分かりました。

なぜなら、ちっぽけな人間が何かを信じても、この宇宙にあるものは何も変わらないからです。僕たちは、不自然に信じ込むから、様々な可能性に気づかなくなって、自分で人生を難しくしてしまっています。

そんなことを深堀りしてみます。

スピリチュアルを信じる理由

スピリチュアルに興味を持って、一度は信じるようになったのですが、、、興味を持ったきっかけは、助けを求めたからでした。

毎日が幸せで喜びに満ち溢れた人生を送る人はほとんどいません。ご多分に漏れず僕もそうでしたので、何とかしようと助けを求めるのは自然だと思います。

僕の場合は、平凡で退屈な日々を変えたいと思い、学び始めました。

自分で解決できない問題を、プロに頼るのは普通ですよね。同じように、自分で解決できない問題を、スピリチュアルな教えを実践すれば、何とかなると期待したわけです。

この時点で、もう自分の理解の範囲を超えてしまい、信じるしかない状態になっていきます。

こんな感じで、興味を持って信じるようになりました。

でも、実は信じているものって、スピリチュアルだけじゃないんです。何かを信じるように仕込まれていたんです。

スピリチュアルを信じる仕組みが、すでに仕込まれていた

実は、スピリチュアルだけじゃなくて、学校教育、親子関係、パートナーシップ、仕事でも、理解できず信じ込んでいるものがあります。

例えば、小学校の算数で分数。公式とやり方を信じて暗記して、試験で点数が取れれば評価されますよね。他にも、親のいう事は絶対、パートナーの本音、生活のために我慢して仕事しないといけない、などなど。理解せず信じ込んでいることは、たくさんあります。

信じ込むのが習慣になっているので、同じようにスピリチュアルも信じ込んでしまったのです。

信じ込むと幸せになれず、苦しみの多い人生が待っています。他人の意見にコントロールされて、言われたまま生きることになり、自由がなくなるからですね。

なので、幸せになるには、信じ込むのをやめて、事実をありのままに受け入れたら良いんです。

事実を受け入れて幸せに生きよう

それが出来たら苦労しないよ、、、という話ですが、そのために何千年も前から宇宙の叡智が受け継がれていて、実際に歩める道が用意されています。

これは、いつも自分が幸せで喜びに満ち溢れた人生へ進む道で、「光の道」と言われてます。たぶん、周りにいるほとんどの人と、違う方向に歩み始めることになります。

ポイントは、何を信じ込んでいるかは自分しか発見できないし、信じ込むのも辞めるのも自分にしか出来ないという事。

つまり、人生を創り出し、変えていくパワーが僕たちにもともと備わっているんです。

ただ、多くの方は、過去の僕と同じように、閻魔様にも「毎日幸せです」と報告できる人生とは逆方向に、猛スピードで進んでいるはず。僕たちの人生を不幸にし狂わせているのは、不自然に信じ込んだ価値観。つまり「エゴ」なので、エゴは徹底的に排除する必要があります。

そのエゴ排除を始めるプログラムが「アデプトプログラム」です、光の道がここから始まります。

学びや教えを信じる必要は一切ありません。「汝自身を知れ」という格言があるように、誰かが教えてくれたことを信じるのではなく、自分が何を信じているのかを知る必要があります。

重たい荷物のように背負ったエゴを降ろすごとに、軽くなって、幸せになっていきました。わざわざ無理をして苦しい選択をしていたことに気づき、幸せになっていい事実に気づけたからです。

僕の抱えていたエゴが創り出していた人生は、、、

満員電車での通勤
人と比べて優劣を感じる心
心が痛むばかりで成就しない恋愛
才能や時間を切り売りして稼ぐ嫌な仕事

こんな苦しみからは解放されました。あなたにはあなただけの、この先に起きる変化と、無限の可能性があります。それが起きるのは、エゴと事実を受け入れた時です。

そんなスピリチュアルな生き方を始める時に「独学はできるの?」という疑問が湧きますが、正直にいうと危険性があるのでオススメできません。

詳しいことは『スピリチュアル独学2つの危険/誰かに正しく学ぶのがオススメ』でお伝えさせていただいてます。

ゆっくりと着実に前進し、幸せで喜びに満ちた人生を満喫していきましょう*

ご質問やメッセージはLINE公式やDM( Twitter / Instagram )にどうぞ。

前後の記事

関連記事

PAGE TOP
TwitterFacebookLine
TwitterFacebookLine