ヒーラーとして生きる意味

9年間のスピリチュアルの学びから、エッセンスを伝える無料動画セミナーをプレゼント中*
LINEですぐお受取りいただけます。よくあるスピリチュアルな疑問や気づきのシェアもお届け。個別でご質問も受け付けています。

どうして僕はヒーリングをするのだろう?

ヒーラーを目指しているという人と会って、思ったことをシェアしたいと思います。

ヒーリングに意味なんてない

なぜ、ヒーラーという仕事を選び、ヒーリングを人にしているのか。

改めてその意味を瞑想してみると、そこに意味なんてないことに気づきました。

それは、ヒーリングに効果が無いという事ではなく、ヒーリングに一定の価値や意味が見当たらないということ。

そこに意味を決めてしまうと、ヒーリングというエネルギーの動きに縛りを持たせることになってしまう。

いくらでもヒーリングは形を変えるし、効果も変える。

クリスタルを使うものもあるし、手を使うものもあれば、声を使うものもある。それぞれ効果はその時に違う。

だから、ヒーリングの意味は変幻自在。

だから、ヒーリングに意味を持たせられない。

そう思います。

それなのに、なんでヒーリングをするのか?

ヒーリングをする原因

何かをするということは、そこに何かを自分が求めているということ。

行動の裏には、かならず思考と意志が流れている。

人にヒーリングをする意味は無いけれど、したいと思う原因ならある。

それは、癒しを求める心、だった。

慈悲、という言葉を使うとむつかしく感じるので、癒しという言葉を使った。

癒しを求めて、癒しを手に入れると、自然とそれを表現したくなってしまう。

その表現方法の1つとして、ヒーラーという仕事を選んだ。

そう言える。

自分を癒す

それから、もちろん自分も癒したい。

癒しは大好きだ。

癒しが欲しいなら誰かから与えて貰えばいい。

そう思われるかもしれない。

けれど、自分は自分でしか癒すことができない。

自分しか、自分に癒しを与えられない。

ヒーラーとして活動してきた中で、この気づき(知識として頭でわかるのでなく、気づくこと)が、ヒーリングの質が変わる分岐点だと思う。

自分は誰?

人は集合意識を持っている。

自分という意識が集合して、私たちという集合意識が出来上がる。

自分が落ち込んだ時はもちろん癒されたい。

慈悲を感じたい。

集合意識の癒し

それと同じように、「私たち」の1人を担う「自分」が傷ついた時、その他の自分も同時に傷つき、癒しを求める。

その時に傷ついた人を癒せる人は、もちろん癒されている人だ。

自分を癒すということは、人を癒すことに繋がる。

集合意識を癒し、さらなる喜びを招く。

たった1つの角度から物事を見ただけだけれど、こういう働きをするのがヒーラーであり、その仕事が自分は好きなのだと思う。

*無料動画セミナーをプレゼント*
『誰でもできる!人生の問題を乗り越えるスピリチュアル』

  •  ・スピリチュアルを知ったけれど人生が変わらない
  •  ・今の生き方が続いていくことに疑問を感じる
  •  ・思えば同じ問題が繰り返し起きている
  •  ・人や社会に合わせるのが本当は苦手
  •  ・親・友人・恋人に左右されないよう、自分の軸を保ちたい
  •  ・理想のパートナーと無理なく結ばれたい
  •  ・人生を良くしたいけれど具体的な方法は分からない

という思いをお持ちの方にオススメ

動画の内容

  • ① 家族・友人・恋人・職場の人間関係に左右されず、自分の軸を保つ発想法
  • ② 無理せず成就する恋愛・パートナーシップの秘訣
  • ③ スピリチュアルを本やブログや動画で学んでも人生が変わらない理由
  • ④ 今の人生を想像を超えたモノに変える〇〇〇〇
  • ⑤ スピリチュアル能力開花に必要な秘密
その他のプレゼント

1:スピリチュアル・ニュースをお届け

・星の動きに沿った過ごし方
・多くの人が感じる疑問や気づきのシェア

2:直接質問できます

無料動画セミナーを視聴したら、色んな疑問が湧いてくるかもしれません。
質問に個別メッセージでお応えします。
(お答えし切れないほどの質問が来たら、このプレゼントはなくなるかもしれません...。)

▽ LINEで受け取る ▽

友だち追加



▽ メールで受け取る ▽

※お受け取り後すぐに自動でメールをお送りしておりますが、システム上迷惑メールフォルダに入る可能性がございます。
恐れ入りますが3分以内に返信メールを確認できない場合は迷惑メールフォルダもご確認下さい。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP