カテゴリー「レイキ」の記事一覧

レイキ

【レイキの記録】足の爪が剥がれてしまった!

外出中、痛みや痺れが足にあったそうです。

バンドエイドを貼っていましたが、やはり歩くとズキンズキンとするのでしょう。

そんな時にレイキをしました。

歩いていると痛みと痺れを感じていたのですが、ある時から「あれ?痛みと痺れは?」

と、痛みが消えたと、帰ってきてから話してもらいました。

[続きを読む]

レイキ

【レイキの記録】花粉症にレイキを実践した結果

秋の花粉症はレイキで良くなるかもしれないと思い、挑戦をしてみました。

僕自身、花粉症のアレルギーを持っていてちょうど秋の花粉から来る鼻水と鼻づまりで辛くなってきたので近所の耳鼻科に通ったところ、お医者様いわく「アレルギーは治らないからね」と言われました。

それならレイキはどうだろう?と思い実践しました。

体のエネルギー状態を確認すると、小腸・肝臓・心胞・頸椎部分にエネルギー的な違和感があったので、そこにレイキを流しました。

また、症状が出てからは白砂糖を取るのを控えました。

[続きを読む]

レイキ

【レイキの記録】頭が痛いのはエネルギーのせい?

本日レイキヒーリングをさせて頂いたクライアント様は、「頭が痛くて」とおっしゃっていました。

昨日お父様が東京まで遊びに来られたらしく、発熱などがあり心配する一方で、クライアント様自身にも仕事があり忙しいため、頭の痛みとして体が黄色信号を出していたのかもしれません。

思考のパターンが変化する時期にも見受けられ、頭に負荷がかかっていたのではないかと思います。

[続きを読む]

レイキ

【レイキの記録】眠っている時に息が止まる

夜寝る時に息が止まってしまう。

そう家族から言われて靈氣(レイキ)をした時がありました。

夜寝てから気づいたことでしたので、病院も空いていません。

救急車を呼ぶにも、いつ呼べばよいのか分からない状況で、靈氣をしたことがありました。

その記録を記します。

[続きを読む]

レイキ

【レイキの記録】DVで手の爪の薄皮を剥がされた方

爪の薄皮を剥がされ、痛みを我慢している女性と2011年にお会いしました。

右手の指先は包帯に包まれていたのです。

火傷でもしたのかと思い、どうしたのか聞いてみると、 ご主人様からのDVだったとの事。

今でも思い返すと痛々しく想像したくないことですが、 すぐに靈氣(レイキ)で手当てをしました。

[続きを読む]

レイキ

【レイキの記録】肺炎のおじいちゃんに

祖父が肺炎にかかってしまったので、レイキを流しました。

2日間、1日60分ほど遠隔と対面のレイキ(直傳靈氣)をしたらすっかり熱も引いてスヤスヤと寝ていたので一安心。

家族が病気になった時、大切な人に何かあった時すぐに実践出来るところもレイキ(直傳靈氣)の素敵なところです。

私自身レイキ(直傳靈氣)を習った時はヒーリングの世界から入り、ヒーリングと言う目的で人を癒すために習いました。

しかし日々レイキ(直傳靈氣)を実践して近頃思う事があります。

靈氣と命は表裏一体

病院でも採用されていると言う事もあり、人生で重要な場面である生と死に靈氣は関わっている部分です。

靈氣を実践し始めてからは、命に直接的に関わるようになったと実感しています。

実際に、Wikipediaからの引用をまとめますと

靈氣の創始者である臼井甕男先生は、「人生の目的は何か?」という命題を追求してもその答えを得られる事はなく、

禅の師匠に尋ねた所「一度死んでごらん」と答えられたので、京都の鞍馬山にて死を覚悟して断食を始めましたそうです。

そして3週間目の真夜中頃に求めていた「人生の目的」悟りの境地を開かれた。

とあります。

まさに靈氣は命と共にあるヒーリングです。

先日おじいちゃんの肺炎へ靈氣のヒーリングで感じた事なのですが、多くの方に靈氣を広く受けて頂ければと思いました。

そんな靈氣についてはこちらです。

レイキ

【レイキの記録】耳がぽーんとなる耳管開放症

耳がぽーん、自分の声が大きく聞こえて、耳が詰まった感じや、自分の声が大きく聞こえて、たまに厄介な事が、高校生の頃からありました。

調べたところ「耳管開放症」というようです。

この症状を改善をしようと思い、早速レイキ(直傳靈氣)を実践しています。

効果が出て来たらまた紹介したいのですが、今のところ実践1日で、少し安定感が出て来たように感じています。

前まで簡単にポーンとなっていた耳が、簡単にはポーンとならないようになりました。

[続きを読む]