カテゴリー「感情」の記事一覧

心の平穏を取り戻す
感情

心の平穏を取り戻す方法

怒りと悲しみ。心の平穏から遠ざかると、この2種類の感情に行き着きます。

心のコントロールがきかなくなってしまった時、心の平穏を取り戻すには、自分を癒してあげることが必要です。

そして、心の平穏を保つためには、冷静に自分の感情を見つめることが必要になります。

今回は、「平穏を取り戻す方法」を詳しくご紹介します。

[続きを読む]

ネガティブをポジティブに
感情

ネガティブ思考をポジティブ思考に変えるには

ネガティブ思考になってしまった時、ここから抜け出すのは一苦労します。

誰かと話している時はポジティブになれたのに、一人になるとまたネガティブになってしまったり。

若干、鬱かもしれないな、という状態にも似ています。

ポジティブとネガティブの波を乗り越えるきっかけとなりましたらさいわいです。

[続きを読む]

怒り

怒りは病気の元

個人的に関わった人と個人的体験を観察した経験ですが、イライラしている人は病気になりやすいようです。

怒りは体を緊張させ筋肉がかたまり、血流が滞ってしまいます。

この結果、頭に酸素が十分に行き渡らないと明瞭な思考ができなくなったり、五感の鈍り、体が思うように動かないことでさらなる怒りを引き寄せたり、無気力や鬱も呼び寄せます。

マッサージを受けると視界がスッキリと晴れたり、鼻が効くようになったり、気分がスッキリするのは、体のコリが取れるからでしょう。

[続きを読む]

怒られた時の対処法
怒り

怒られても萎縮しない対処法

自分より目上に人に怒られると萎縮してしまいがち。

会社の上司や社長から一方的に怒られると、それがどんなに間違った意見であっても何も言い返せない人は少なくありません。

これに立ち向かう対処法は「誠実であること」です。

[続きを読む]

食事 感情 コントロール
感情

食事で感情コントロール*空腹と腹八分が生む心の平穏

ストレス社会に生きている私たちは、些細な事で感情を荒立てがちです。

ちょっとした一言が癇に障って怒り爆発!なんてことも。

気分転換のために出かけた旅行先でさえ、口論になってしまうことも少なくありません。

これでは心が休まる時間がなく、自分にストレスを与え続けているのと同じです。

そんな時に実践してみてもらいたいのが、食べ方の工夫

[続きを読む]

孤独 人間関係
孤独

人間関係の執着と孤独は紙一重

特に別れには決断が必要な人間関係。

頭では「まだ離れたくない」と思っていても、心はもう別のステップへ踏み出している時、私たちは人に囲まれていながら孤独になります

今ある人間関係では満足できないし、その人達に自分を理解してもらえないほど、変化してしまっているからです。

その時、古い人間関係に執着してしまうと、心が窮屈で辛くなります。

[続きを読む]

孤独 嫌
孤独

孤独が嫌なら弱くなればいい

ずっと付きまとう孤独感に悩まされた時の、誰も自分のことを分かってくれず、まるで世界には自分ひとりしかいないかのような感覚はすごく独特です。

うつ病とまではいかないけれど、ひとりぼっち。

友達や家族との繋がりは薄っぺらだし、正直言ってこの期に及んでパートナー探しなんてしたくない、という気分にもなります。

本当は誰かといっしょにいたいのだけれど、一緒にいたいと素直に言えない。

そう言ったら負けた気がするし、失敗して傷つくのも怖いから。

そんな時にまで強くならなくていいんじゃないかと思います。

[続きを読む]

汝の意思するところを行え
不安

やりたいことがわからない。やりたいことを見つけるには?

やりたいことで仕事しよう!という時代の流れが広がる今、そんなライフスタイルに希望を感じる一方で、自分のやりたいことが分からない人も。

かくいう自分も、「あれ?自分のやりたいことってなんだろう?本当にやりたいことって何?」と疑問の迷路にハマったことがありましたが、気づけばやりたいことってそんな堅苦しいことでもない。

やりたいことは楽しく探して見つければ良いんです。

そんな時につまづきがちなポイントがあります。

[続きを読む]

どれだけ学びは続くの
不安

学ぶことの価値って?いつまで学んでるんだろう

学んでも全然実行できてない。活かせていない。

そんな自分をなんとかしようと、また新たな学びを繰り返す。学ぶ価値ってなんだろう、いつまで学んでいるんだろう...?

結果の見えた繰り返しに、嫌気と失望と不安を感じた時に本当にするべきこと。

[続きを読む]

長引く怒り
怒り

ずっと続くイライラ!静まらない怒りの発散法

なぜかわからないけど、四六時中続くイライラは結構大変。

体を動かしても、自然に囲まれてみても、温泉につかっても、のれんに腕押し。全然怒りの静まる気配がありません。

何にイライラしてるかわからないけれど、自分のやりたいことはやりたい。

けれどイライラしていると、些細なことで気が立って、どうもやりたいことに熱中できない。

こんな時って意外なところに発散方法が。

[続きを読む]

不安は克服しない
不安

「弱点の克服」は不安を助長する

出来ないことを克服しようとする思考は、不安を助長しています。

多くの会社や学校では「人並み」が求められ、そこから外れると本当はそうでないのに「出来の悪い人」と見なされてしまう状況に、違和感を感じている人は少なくないはず。

凄腕のプログラマーや経営者でも、弱点だらけの人だっているんですけどね。おかしいことなのに弱点克服は常識になっています。

弱み・短所・弱点を克服しようとしている方へ、ちょっと思考を変えてみませんか?というご提案です。

では、参ります。

[続きを読む]

負の連鎖
無気力

諦める事が多過ぎて無気力に。負のサイクルを断ち切るには?

諦めることが増えると、無気力に拍車がかかってしまいます。

どうせ出来ないから諦めよう、と諦めることが多いと、出る気力もなかなか出ません。

そこで今回は、「諦めるから気力が出ない。気力が出ないから諦める。」という負のサイクルを断ち切る糸口をご紹介したいと思います。

[続きを読む]

不安でたまらない
不安

不安でたまらない時に穏やかな日々を取り戻すには

不安でたまらない時は、マイナスの思考のスパイラルに入っていきがちです。

でも、いつから不安でたまらなくなってしまったのでしょう?

本当はちょっとしたことで、そのスパイラルに入ってしまったのかもしれません。

少し原点に立ち返っていきたいと思います。

[続きを読む]

人生 不安
不安

人生の不安。打ち込めるものが無くなり迷った時に

人生に不安がある方へ。

恋愛もできていて、仕事もまあまあこなせていけている。

でも、生きがいにしてきた趣味が最近自分の中で色あせ始めている。

熱中できるものを失い、新たに打ち込むものを見つけられるかというと難しい。

それと同時に将来への不安を抱えている。

そんな不安に打ち勝つために、おすすめしたいことがあります。

[続きを読む]

心 頭 バラバラ
感情

心と頭がバラバラな状態を整えるには

頭では取るべき行動が明確なのに、心はまだ準備ができていない時、無理に頭に従おうとすることはありません。

かといって本能のまま、心に全てを委ねるというのも違和感を感じることでしょう。

無理せず自然な方法で、心と頭のバランスが取っていくことが大切になります。

特に自然にバランスを取れるようになっていくところが大切です。

心と頭がバラバラになっている時は、心で思ったことをバッサリ諦める必要もありませんし、頭で思った事を無理に行動に起こす必要もありません。

後悔をしないためにも、落ち着いて歩んでいきましょう。

自然に心と頭のバランスを取る方法を以下でお伝えします。

[続きを読む]

無気力

無気力が克服された。生きる力の出た3つのきっかけ

無気力を克服するのが難しいと思うと難しくなってしまうので、出来るだけ心を空にして読んで下さいませ。

僕自身が無気力から脱出できた、ごくごく”かんたん”な方法をご紹介します。

変化は知らないうち訪れます。

いつかこの記事をお読みのあなたも、無気力を克服する日が来ます。

生きる力を取り戻していきましょう。

[続きを読む]

苦手な人付き合い
感情

人付き合いが苦手な人の忘れている大切な事

人生のある時から人付き合いに対する苦手意識が生まれることがあります。

人それぞれきっかけがあって、例えば親しくしていた友人に裏切られた人、両親から勉強しなさいとしつこく言われて嫌だった人、いじめや虐待にあった人、愛情を十分にもらえなかった人など、社会に出て騙された人など様々です。

人間が嫌いになったり、自分のことを「コミュ障(コミュニケーション障害)」と言う人もいます。

人付き合いで上手くいかないと、そう思ってしまうのは無理もないことです。

ただ、無理に苦手意識を克服しようとする必要はありませんし、この記事はあなたの苦手意識を無理やり克服させようと思って書いたものでもありません。

ですので気楽な気持ちで読んでみて下さい。

人付き合いが苦手なことを悪いことだと思ってはいませんし、それを絶対に直さないといけない訳ではないと思っています。

[続きを読む]

無気力

楽しかった事も楽しく無くなった。無気力の改善方法”6つ”

無気力だと全然楽しく無いけれど、無気力は改善《出来る》ものです。

頭でっかちに崇高な理論を押し付けるなんて一切必要ありませんし、

あなたの状態がダメだなんて事も一切言いません。

今のままの状態で本当のところは全く問題ないんです。

でも、起きて食べて寝て、次第に食べるのも面倒になっていく。

その状態のままにしておく必要もありません。

改善出来るのですから、改善していきましょう。
[続きを読む]