癒しの音楽

バリ系癒しの音楽

朝、美容室に行くと、バリの癒しの音楽が流れていました。

とてもリラックスしたひとときを過ごせたので、曲をご紹介したいと思います。

[続きを読む]

波動 高める
波動

波動を上げる方法

私たちは日常の些細なことで波動が下がってしまいます。

ちょっと電車でぶつかられただけで、一日中イライラしてしまったり。

ふとした人の仕草一つで不安になってしまったり。

これではなかなか人生を楽しめたものではありません。

低い波動を寄せ付けず、波動を安定して上げる方法をご紹介します。

[続きを読む]

カルマメイト
カルマ

恋人・パートナーがカルマメイトだった場合の関わり方

まずカルマメイトという言葉ですが、「事ある毎にいがみ合ってしまうような関係」にある人の事をカルマメイトと呼びます。

同僚や両親・兄妹にも事あるごとに自分に噛み付いてくる人がいるかもしれませんが、1番影響力が大きいのは、恋人や配偶者がカルマメイトだと分かってしまったときではないでしょうか。

ある日関係が一変して、お互いにピリピリとした雰囲気の中で日々過ごすのは大変気まずいものです。

パートナーがカルマメイトだった場合の対処法を考えてみました。

[続きを読む]

輪廻転生とカルマ
カルマ

輪廻転生とカルマの法則

カルマを解消するという考えと、カルマの輪から脱出するという2つの考え方があります。

カルマの解消は、輪廻転生の中ですること。

カルマの解脱は、輪廻転生の外に出ること。

輪廻転生の事を話す中で、前世がどうだとか来世がどうだとか考えないところがポイントになります。

[続きを読む]

カルマの法則
カルマ

カルマの法則とは何か?因縁生起・原因と結果の法則

カルマの法則は、原因と結果の法則と呼ばれたり、因縁生起と呼ばれたりします。

カルマという言葉の響きから、悪いものとして捉えられがちですが、実はカルマそのものに良し悪しはありません。

カルマとは、因果応報のことです。業とも言われ、良い業もあれば、良くない業もあるわけです。

何らかの原因に対して何らかの結果が現れるという、ごく自然な仕組みをカルマというのです。

でも、実際のところカルマは、私たちの人生の中でどのように機能しているのでしょう?

どうやったら、カルマの法則を利用できるのでしょうか?

[続きを読む]

怒り

怒りは病気の元

個人的に関わった人と個人的体験を観察した経験ですが、イライラしている人は病気になりやすいようです。

怒りは体を緊張させ筋肉がかたまり、血流が滞ってしまいます。

この結果、頭に酸素が十分に行き渡らないと明瞭な思考ができなくなったり、五感の鈍り、体が思うように動かないことでさらなる怒りを引き寄せたり、無気力や鬱も呼び寄せます。

マッサージを受けると視界がスッキリと晴れたり、鼻が効くようになったり、気分がスッキリするのは、体のコリが取れるからでしょう。

[続きを読む]

怒られた時の対処法
怒り

怒られても萎縮しない対処法

自分より目上に人に怒られると萎縮してしまいがち。

会社の上司や社長から一方的に怒られると、それがどんなに間違った意見であっても何も言い返せない人は少なくありません。

これに立ち向かう対処法は「誠実であること」です。

[続きを読む]

クリスマス 幸せ 秘訣
幸せ

クリスマスに隠された幸せになる秘訣

クリスマスには、ある隠された幸せになるための秘訣があります。

忙しい現代人が忘れがちなことをクリスマスは思い出させてくれます。

サンタクロースが運んでくれるプレゼントが、心に与えてくれるもの。

[続きを読む]

食事 感情 コントロール
感情

食事で感情コントロール*空腹と腹八分が生む心の平穏

ストレス社会に生きている私たちは、些細な事で感情を荒立てがちです。

ちょっとした一言が癇に障って怒り爆発!なんてことも。

気分転換のために出かけた旅行先でさえ、口論になってしまうことも少なくありません。

これでは心が休まる時間がなく、自分にストレスを与え続けているのと同じです。

そんな時に実践してみてもらいたいのが、食べ方の工夫

[続きを読む]

流れを産み出す
カバラ

SNSや噂に流されるな*自ら流れを生み出そう

噂、SNSのつぶやき、ニュースサイトなどの情報は、事実の一部分を切り取ったものです。

それなのに、事実全体だと受け取ってしまったりして、誤解すると、大切な時間を無駄に浪費したり、SNS疲れを引き起こします。

感情的に攻撃的になったり、自分好みの事実を仕立て上げるために理屈をこねて正当化したり。

他人の意見に流されているうちに、いつの間にか自分を見失ってしまっているのです。

情報の波に飲まれるデメリットは、出来るだけ回避したいもの。

[続きを読む]

孤独 人間関係
孤独

人間関係の執着と孤独は紙一重

特に別れには決断が必要な人間関係。

頭では「まだ離れたくない」と思っていても、心はもう別のステップへ踏み出している時、私たちは人に囲まれていながら孤独になります

今ある人間関係では満足できないし、その人達に自分を理解してもらえないほど、変化してしまっているからです。

その時、古い人間関係に執着してしまうと、心が窮屈で辛くなります。

[続きを読む]

偽物の愛
幸せ

偽物の愛を掴まされてるから、愛が足りない

現代に圧倒的に足りていないものは「」だと思う。

愛の裏返しは無関心と言われるけれど、大都会東京で何百という人が、苦しそうにうずくまる1人の人を見ても無視をする。あるいは、スマートフォンを見て気付かないフリ。

完璧といえるほどの無関心体制が出来上がっていて、ぼーっとしていたら孤独になる仕組みが用意されているかのようです。

そんな中、「愛」を求める婚活事業・マッチングアプリが大流行するけれど、ピッタリな人が見つからなかったり、一夜限りの関係や、数ヶ月で泡に消える関係も少なくありません。

生きていく上で必要不可欠な本当の愛は、目に見えない意識に目を向けることで、どれだけでも手に入れられるのに。

目に見える小手先のテクニックが分かりやすいから、そっちに意識が行ってしまう。

[続きを読む]

孤独 嫌
孤独

孤独が嫌なら弱くなればいい

ずっと付きまとう孤独感に悩まされた時の、誰も自分のことを分かってくれず、まるで世界には自分ひとりしかいないかのような感覚はすごく独特です。

うつ病とまではいかないけれど、ひとりぼっち。

友達や家族との繋がりは薄っぺらだし、正直言ってこの期に及んでパートナー探しなんてしたくない、という気分にもなります。

本当は誰かといっしょにいたいのだけれど、一緒にいたいと素直に言えない。

そう言ったら負けた気がするし、失敗して傷つくのも怖いから。

そんな時にまで強くならなくていいんじゃないかと思います。

[続きを読む]

汝の意思するところを行え
不安

やりたいことがわからない。やりたいことを見つけるには?

やりたいことで仕事しよう!という時代の流れが広がる今、そんなライフスタイルに希望を感じる一方で、自分のやりたいことが分からない人も。

かくいう自分も、「あれ?自分のやりたいことってなんだろう?本当にやりたいことって何?」と疑問の迷路にハマったことがありましたが、気づけばやりたいことってそんな堅苦しいことでもない。

やりたいことは楽しく探して見つければ良いんです。

そんな時につまづきがちなポイントがあります。

[続きを読む]

どれだけ学びは続くの
不安

学ぶことの価値って?いつまで学んでるんだろう

学んでも全然実行できてない。活かせていない。

そんな自分をなんとかしようと、また新たな学びを繰り返す。学ぶ価値ってなんだろう、いつまで学んでいるんだろう...?

結果の見えた繰り返しに、嫌気と失望と不安を感じた時に本当にするべきこと。

[続きを読む]